スポンサーリンク

 

「日産自動車」の今では顔となった、「カルロス・ゴーン」氏が先日4月1日付けでの社長退任を発表したことは、ご存知でしょうか?2000年6月就任以来17年の歳月。社長就任時から日産企業のV字回復の言わずと知れた牽引車で、「ルノー」「三菱」をも傘下にした手腕&野心を分析。

fffffffffffプロダクトfffffffffffff 

                                      
 

 

 

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!! 

 

先日「日産自動車」を社長退任表明した「カルロスゴーン氏」に今回はスポットを・・

 

「日産自動車」今では業界天下企業も当時実は・・・・    

日本経済がバブル崩壊の1999年頃、日産自動車は

瀕死の状態で、2兆円という巨額の有利子負債を抱え、

上場企業の中でも史上ワースト記録となる、6,844億円

という超巨額の赤字企業でした。

 

当時自社での再建を断念し、経営陣が苦肉の策で選択した、

フランス自動車メーカー「ルノー」との資本提携。

 

当時「ルノー」の副社長であった「カルロスゴーン氏」に

白羽の矢が・・

しかも当時45歳の若さ、ルノーが育てた「経営のプロ」

 

それまでの経営陣がなしえなかった、負債工場閉鎖、資産売却、

人員削減、子会社統廃合、取引企業大幅見直し等の大リストラ敢行。

 

当時の国内企業に大きなショックを与えた改革ではありましたが、

日産自動車はこのことにより 「V字回復」 を果たすことに・・・

 

 

「企業再生請負人」「V字回復」で連想する社長

超有名な 日本航空再生 稲盛和夫氏

京セラ、KDDI創業者  ※出版本は読んで損無し!!

 

長崎ハウステンボス再生  澤田秀雄

HIS会長 スカイマーク社長

 

多々企業ノーリストラ再生 日本電産社長 永森重信氏

 

等言わずと知れた方々がいらっしゃいます。

 

ちなみに、当ブログ管理者の尊敬に値するV字回復請負人は・・・

 

          ☟

「元東レインターナショナル」社長 田中健一氏

63歳にして任務遂行、わずか1年で1,000億円の借金を返済、

10年後には経常利益200億円の企業に再生。

 

「恐るべし・・・」

 

以上ほとんどの企業再生請負人が日本人であることに対し、

日本とまるで縁がなかった「カルロスゴーン氏」

 

地縁・血縁もあるわけではなく、が故の血も涙もない

大リストラが決行されたのではと当時のマスコミの見解。

 

要は、放出する人材が何万人と出ようが、

彼にとっては生き残る人を確保することがミッション。

この辺が義理人情の日本人には難しい課題では・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「三菱自動車」不祥事が未解決でも傘下にする野心とは?

 当時の「三菱自動車」といえば、燃費偽造、リコール隠し等で、

2,000年代に2度の経営危機に陥る企業。

 

ただ単に、「軽とアジアが欲しかった」

      と、

当時のカルロス・ゴーン氏のコメント引用

 

「1,999年に来日した時の日産は2度再建計画が失敗し危機状態だった。

ただ、日産は不祥事を起こしたわけではない。

日産自動車と三菱自動車の規模こそ違うが、これから行うこと自体、

むしろ経営再建、変革の支援(マイナスからのスタート)に携われることに

ワクワクしている」と語っています。

 

「恐るべし・・・TEH経営者」

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴーンさんお疲れ様でした!!

 

日産、三菱再生有難う!!

 

当管理人の愛車は日産、妻は三菱 以上!

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

スポンサーリンク