スポンサーリンク

 

昨今、「インスタ栄え」が騒がれている中、いわゆる「インスタセレブ」の日常をチェックすることが毎日のルーティーンになっているあなた。例えば、年齢も変わらない「インスタセレブ」の投稿を目の当たりにすると平凡な自分が・・・・

 

fffffプロダクトfffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

だいぶヤバい「コロナウイルス」に、

お気を付けくださいませ・・

 

では・・・・・

 

・・・・・

・・・・

 

違う違う・・これからこれから

と、投稿ルーティーンを入れないと駄目な自分が・・・

 

「他人が羨ましい」と感じてしまう

 

あなた、‟あるある”ですか?

 

冒頭コメント続きです。

例えば、年齢も変わらない「インスタセレブ」の投稿を目の当たりにすると、

平凡な自分がとても惨めに思えてしまう。

 

あかの他人の私生活を見物する行為は、「みじめさ」という代償を心に刻む。

あなたも、知らず知らずのうちに自ら大きな代償を背負ってしまっている。

 

あなたの人生は、たった数枚の写真で語りきれるほど、

簡単なものではない・・・ということ。

 

 

 

“あなたの好奇心やエネルギーは、あなた自身の人生をよくするために使ったほうがいい。

だから他人の人生に直接関りを持つならともかく、観客になるのはやめよう”

by キム・スヒョン

 

「他人と自分を比べてしまう」

 

成功者の「どん底から這い上がった」ストーリー本を読んで、
よく自分を奮い立たせます。

 

自分の状況が悪い時に、よくそんな本を読みますが、

「自分なんてまだまだ、全然なんとかなる・・」とか、

作者と比べてしまいます。

 

「嫉妬」をプラス思考に変える。自分は自分「しくじり先生」から学ぶ

 

こんな、他人(成功者)と比べてしまうことって、

あなたも少なからずあるはず。

 

これは、私の経験上でも良い比べ方としてお勧めですが、

比較的皆、悪い比較に走りがちですね。

 

「自分基準」

 

「自分は自分、人は人」という言葉が適切でしょう。

 

 

数年前に知人から聞いた話を投稿します。

 

 

「痩せなきゃ痩せなきゃ・・・」

A子ちゃんは私よりマイナス5キロ、B子ちゃんは私よりマイナス7キロ

そんな太っている自分にコンプレックスで、一日にリンゴ一個で生活。

 

その反動で過食症、そして体を壊して精神が病む

 

そんな自分が嫌で、誰も自分のことを知らないところに行きたいとアメリカに単身渡米

そして現地で知り合った人全てから、「あなた体が細すぎるもっと食べなさい・・」と、

結果、現地でたまたま知り合った誰よりも細かった・・とか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その結果プラス10キロ太って、日本に帰国

でも、その経験で身も心も丸くなり「なんでもいいんだ・・」って

考えられるようになったとか

 

 

色々な生き方、色々な考え方、人それぞれ

なんで誰かの基準に合わせるのか

なんでこの狭い世間に合わせるのか・・

 

「みんな違ってみんないい」

 

 

人間社会で生きる以上、他人と比較して羨ましく感じることは必ずある。

しかし「自分の幸せをはかるものさし」があれば、

必要以上に比べて落ち込むこともなくなるだろう。

 

自分の好き嫌いを知り、自分のできる範囲で頑張ることが大事。

もし他人への劣等感で悩んでいるなら、まずは他人より「自分」のことを考えよう。

 

自分なりの「幸せをはかるものさし」を手に入れることができれば、

きっと劣等感から解放されるだろうから。

自らブレる!たった一度の人生「ブレていい」ただ他人に流されない

 

実体験として、私の小・中時代の親友と比べていた数年間のエピソード話から。

 

「先輩、これ〇〇さんに渡してください・・」

 

「嫉妬心」

バレンタインデーあるあるエピソード話。

そう、〇〇とは私の小・中時代の親友&ライバル&嫉妬男(笑)

このブログ閲覧しているとまずいので、〇〇としておきます。

 

かっこいい、運動神経抜群(バスケ部主将)、頭もいい・・の、

三拍子そろった友人。

 

 

 

 

で、何故かいつも一緒にいる私が勝手にライバル視して、

テストの結果、マラソン大会の順位、しかも彼がバスケ部なら・・と、

私もバスケ部に入部し3年間レギュラーと補欠の繰り返し。

 

常に、彼を意識していたような数年間。

 

当時おそらく彼はそんなこと気付いていなかったはず。

小学生時代はほぼ毎日遊んでいた。

ただ、私が勝手に数年間彼に「嫉妬」をしていた事実。

 

当時は彼がひとりの人間として、私に無いとこだらけで、

羨ましかったのです。

 

彼のお陰で、勉強もスポーツも人生も頑張れたのかな?・・

 

「自分は自分、人は人」

 

他人との比較は、過去の学校教育制度の影響です。

偏差値が高ければもちろん褒められる。

 

 

 

 

 

 

 

 

今振り返れば、数学の因数分解が得意でも、

科学の解剖実験が好きでも、あまり生きていくうえで、

なんら支障がありませんよね・・

 

人との比較ではなく、自分自身との比較

 

得意なことを伸ばす

狭い世界で比べない

 

他人と比べるのではなく「過去の自分と比べる」

 

自分の成長のため、モチベーションアップのために

過去の自分と比べてください。

 

 

 

fffffプロダクトfffff

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

「コロナウイルス」の影響で、大手企業も軒並み、

在宅勤務、リモートワークにシフトしています。

 

あなたも、良い意味でチャンスだと思います。

将来の自己防衛のために・・・

 

では・・・

 

 

 

 

実は先日・・・

 

私事ですが、

「コンテンツ共有プラットホーム・Brain」

 

に、「時間とお金の自由を手に入れる」 ための、

記事第一弾として「あがり症&プレゼン力克服」の極意という

タイトルで投稿しています。

 

是非、興味がある方はご覧ください。

 

・・・・・

・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

 

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

 

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

 

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク