スポンサーリンク

 

最後の言葉は、「愛してる」だったとのこと。かれこれ数日絶ちますがこのフレーズが私の脳裏から離れません・・・結局、人生でいろいろあったとしても、 良い事、悪い事、 得たもの、失ったもの、そんなのすべて些細なことで、 最後は愛しか残らない・・・

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う誠に有難う御座います。

 

 

最後の言葉は「愛してる」

 

 

だとしたら、今、何を恐れる必要があるのか。

どうせ愛しか残らないなら、 自分らしく自由に生きて、

与え続けてればいいのではないか・・・・

 

 

当ブログ管理人の心の支え「今井」氏引用

 

 

他人の目を気にし、いわゆる世間体を気にし、

親のために(当然親孝行は必須です)

でも職業だけではないでしょ?

 

ここでいう過剰な親のためのいいなり人生の事

例えば安定している公務員になりなさい・・ とか

(当ブログ管理人まさしく・・・)

 

 

当然、他人に迷惑を掛けること憲法の法に触れること以外は、

好きなことやりたいことやった方が良いでしょ?

 

 

だって人生一度だし・・・・

結局最後は「愛なんです」・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自利利他」の精神

自分のために生きることが人のためにもなる。

心理学×哲学の思考法です。

 

「自利利他」とは、言葉どおり「2つで1つ」だということ。

 

天台宗の最澄は、「自利とは利他を言う」といっているそうです。

 

つまり「他人の利益のために努力すれば、それはいずれ自分にも返ってくる。

だから利他を積極的にしましょう」ということ。

 

 

アドラーの言葉でいえば、「他者貢献」がこれに相当するもの。

だからこそ、無理に他者のために生きる必要はないと・・・

 

 

なぜなら、自分のためにやることが、他人のためになるのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

どうせ一度の短い人生

もっと自分を好きになろう

 

 

社畜寸前の広告マンの生き方を変えた気づき  

 

当ブログ管理人が「人生の指針」で

尊敬に値する  「リーマントラベラー」

「東松 寛文」 氏ご紹介します。

 

 

下記 プロフィールから

 

平日は広告代理店に勤務しながら、週末だけで世界中を旅している

「リーマントラベラー」です。

 

2016年10月~12月は、毎週末海外旅行に行き続け、

3カ月で5大陸18カ国を旅し、「働きながら世界1周」を達成しています。

この記録は現在ギネス世界記録に申請中だとか。

 

 

そんな彼がまず最初に訪れた「キューバ」で

 

キューバはカリブ海に浮かぶアジア以外で唯一の社会主義の国。

配給制度が残り、国民の平均年収は2万4000円とも言われています。

 

そんなキューバで、地元の人が暮らす地域を歩くと不思議なことが次々と起こります。

ある人はご飯やお酒を振る舞ってくれ、ある人は自宅のパーティに招き入れてくれ、

ある人は私の汚れてしまった靴を洗ってくれました。

 

その誰もが見返りを求めず、しかも笑顔で。

 

すべてが衝撃でした。平均年収が2万4000円にもかかわらず、

心の豊かさがそこにはあり、おカネだけではない

「キューバ人のような生き方」もあるのだと知りました。

 

「東松 寛文」氏コメント引用

 

 

 

ちなみに、国内外を旅して「フリーランスで第二の人生」

これ私の今後の目標(どうでも良い・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自由人」「自由に生きる」=「気づき」

 

そんな彼の最近の行動でのコメント

 

攻め続けた結果、新しい気づきがあったり、

新しい悩みが生まれたり、想像以上の成果が生まれたりと、

何が起こるかわからない人生になり、史上最高に楽しい毎日を送っております。

 

 

そして、サラリーマンをしているだけでは感じなかった

「ワクワク感」を感じながら生活し、更にそのワクワク感は

仕事にも良い影響を与えています。

 

 

それを通して分かったのは、「自分らしく生きる」とは、

自分で「自分らしさ」の仮説を立てて、それを証明し続けるしかないってこと。

 

自分らしさに正解はないし、誰も答えを教えてはくれない。

だから、自分で考え抜いて仮説を立てて、その仮説を本気で証明していくしかない。

 

とにかくやってやってやってやりまくるしかない。

 

間違ったら、仮説を変えてまたやるしかない。

何てことを真剣に考えていたら、今まで以上に「自分らしい生き方」が見えてきて、

僕が自分らしく生きるために今やるべきことが明確になってきました。

 

 

何か、若いって素晴らしい・・

 

 

 

 

 

「ココシャネル」

自分らしく生きるというのは、それだけで唯一無二のオリジナルであるということだ。

他の誰とも同じではない以上、何をやってもオリジナルなのだ。

 

 

最後に・・・

 

愛と、自由と、希望と、少しの勇気

 

「人は水がなくても四日は生きられる。

空気がなくても四分は生きられる。

しかし、人は希望がなくては四秒も生きられない」

 

 

この度も当ブログ最後までご覧いただき誠に有難う御座います。

 

 

短い人生で、何かのお役に立てればと思いブログ不定期更新中です。

よっこらしょ・・・

 

スポンサーリンク