スポンサーリンク

トップ画像13

 

この言葉は、私の人生テーマになりました!!ブログアフィリエイトに巡り会い、人生において何をするにも‟遅い„という事は無い・・・という事を改めて思い知らされる・・・まだまだ人生修行です!!!

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

コロの助⑧

 

 

 

 

 

 

 

またまた愛犬「コロの助」に見られながら

ブログ記事投稿です・・・

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

今回の投稿記事は、以前から私の 「モチベーションアップノート」

に記載していたメモを、いつかは何かのお役に立てればと思い、

温めていた感情、心情を記載します。

 

自分の人生の指針 NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」 

何年か前に見た NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で、

特集していた 野尻知里さん の経歴行動に ぶったまげ です(失礼)

 

京都大学医学部卒。心臓外科医から(ドクターXばりの)39歳の時に

医療機器メーカーの 「テルモ」 に非正規研究員として転身。

数年後には人工心臓の開発を担う、アメリカの現地法人「テルモハート」の

CEOとして、世界12カ国150人の部下を従い采配を振るう。

 

当時は人口心臓の分野で、欧米諸国にだいぶ遅れをとっていた中、

画期的な製品を開発し、日本企業が人工心臓分野で最前線に

立つことになった立役者。

 

当時のご本人は 「39歳でようやく本当にやりたいことに辿り着いた」 

コメント・・・・かっこよすぎる    クウ~!!!!

 

世間一般的に遅咲きともいえるキャリアの秘密を余すことなく

描いた著書 「心臓外科医がキャリアを捨ててCEOになった理由」

 

 

NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」から、野尻さんのコメント

「心臓外科医で10年間働いてきたが、どれだけ医療が進歩しても、

外科手術では助けられない患者さんがいる。これ事実。

これが医者にとって最大の悔しさ・・・」  だとか。

 

その思いから 東京女子医大付属心臓血圧研究所を退社。

当時人工肺などの開発で実績のあった「テルモ」に転身。

 

メスを握るよりも、人工心臓の開発に取り組んだ方が、

重症の患者を救えるという思いだけ。

 

更には

自身の性格から企業に属しても長くは続かないとか・・・

仕事を誠心誠意貫くために、上司に食ってかかることはいとわない。

そんなわがままな性格で企業人で長続きするわけないとも・・・

 

だから、2年程でクビになるだろうから、それまでは、

思いっきり研究に打ち込もう・・・と

 

何ですか、この武士道の精神?とでも言うべく覚悟たるや・・・

 

挫折だらけの人生  でも 努力は決して無駄ではない!!!

 

多かれ少なかれ誰だって挫折します。

夢はそう簡単には実現しない・・と野尻さんもおっしゃっています。

 

当ブログ管理者も例外なく人生挫折だらけ・・・

ただ、これだけは生きてきて言える事。

「夢破れた後に、また新たな夢が見つかる」

 

日々、昨日よりも数ミリでも向上する志を抱き、

数々の失敗から学びを得て、糧にする。

 

あなたは今何歳?

人生 これからこれから!!!!

 

画像資料157

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

あなたの今後の人生に少しでもお役に立てれば・・・

年齢関係ないことの証明を、自身ブログで公開します。

では・・・

 

 

 

スポンサーリンク