スポンサーリンク

 

今回は企業特集「お ねだん以上 ニトリ」です。創業から30期無敗神話論。「今、日本で一番すごい経営者」とコメントする出版関係者も数多くいるそうで、昨年会長職に退きましたが、「退任ではない!死ぬまで現役だ!」と豪語していたカメラ目線画像が印象的でした・・・・

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

この方が「舵をとっているから・・」

ソフトバンク   孫正義氏

日産自動車    カルロスゴーン氏

HIS      澤田秀雄氏

テスラモーターズ イーロンマスク氏

マレーシア大富豪 小西史彦氏

 

当ブログで取り上げてきた敏腕社長も今回で、6人目

 

破天荒創業者の様です・・・

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

 

 

 

 

 

 

 

創業1代で 時価総額1兆5,000億円?

 

 

あの イオンの1兆3、968億円を引き離している。

現在、小売業ではセブン&アイ・ホールディングス(3兆7,798億円)、

ファーストリテイリング(2兆9,021億円)に次ぐベスト3。

 

Jリーグ加盟のコンサドーレ札幌

北海道日本ハムファイターズ  

ユニフォームスポンサー

 

このおじさん 大変失礼致します) ただ者ではない・・・

 

ニトリホールディングス 創業者 「似鳥昭雄氏」

 

似鳥氏は、23歳の若さでニトリを創業。

創業当時は「なんとか食べていければ」と考え、

すべて行き当たりばったりで事業を手がけていたそうです。(当ブログ管理者同感)

 

月に70万円の売上がないと利益が出ないのに、

実際の売上は40万円ほど。

 

創業したはいいけれども、いつ倒産するか時間の問題という状態だったとか・・・

 

「お金がない私は穴の開いたジャンパーを着て、

インスタントラーメンばかり食べて、

不健康で歯茎から出血するような有様でした・・・」

(本人コメント引用)

 

 

下記、以前のこんなエピソード笑えます・・

 

ヤミ米屋の母親のもとで育った似鳥氏は、

壮絶ないじめを告白したかと思えば、

高校受験のとき米俵を賄賂として校長に渡し合格したこと。

 

新社会人のときに精肉屋の娘とねんごろになって殴られたこと。

 

アルバイトでスナックの取り立て屋をした話、

起業後すぐに浮気して頭を地面にこすりつけながら

奥様に謝った事。

(東洋経済オンライン、カンブリア宮殿コメント引用)

 

このおじさん (大変失礼いたします) ただ者ではない・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

似鳥昭雄氏 「成功の5原則」

27歳の時の 視察のために訪れたアメリカで抱いた「ロマン」

そこで経営人生が一変

「成功の5原則」をまとめあげることに。

 

その5原則とは、「ロマン(志)、 ビジョン(中長期計画)、意欲、執念、好奇心」

だと言います。

 

この原則は「どうしたら成功できるのか?」

ニトリの社員に示すために考えられたものですが、

多くのビジネスパーソンにも通じる原則として、本書で紹介されています。

 

 

 

 

 

当時の本人コメント

「日本人の暮らしをアメリカのようにしたい」と考えました。

当時1970年代のアメリカ文化といえば、

日本人にとって実現困難な憧れの対象です。

 

それでも似鳥氏は、「アメリカ人にできて、日本人にできないはずはない」

とロマンを抱きました。

 

 

ただ当時は「利益が第一」主義で、

経営に行き詰まっていたとか。

その教訓が「お客様のための経営スタイル」

 

そして、人々の暮らしを豊かに、より豊かに、もっと豊かに……と

毎朝毎晩考えて商品を作り続けてきた。

 

「私は寝ても覚めても、お客のことを考えていますよ。

いまどんな不平、不満を持っていて、なにを不便に感じているのか。

その解決のためにはどんな商品を作ればいいのか、

ということを365日四六時中考えているんです。

それさえわかってしまえば、商品開発はさほど難しくない」

(本人コメント引用)

 

 

ニトリ 成功経営戦略

上場企業の社長でありながら、海外には一人で向かう。

通訳を雇い地元の家具メーカーに電話をかけまくって面談を重ねた異常な行動家。

 

新商品のアイデアを思いつくと、自分でアジアの工場に行って指示を出して商品を作成。

 

※家具業界では珍しい SPA(自社で製造から販売まで手がける製造小売業)

 

 

やると決めれば自らの歌をレコーディングし、

歌手の川中美幸さんとデュエット。

それをCDに焼き決算説明会で配ったこともある。

 

御年 73歳 恐るべし 行動力

 

 

 

 

 

 

 

2015年から百貨店への出店ラッシュ。

売上低迷している百貨店で、ラブコールNO1だとか・・・

2位はユニクロ

 

「田舎の農村から攻めて最後は都心に向かう」と似鳥会長は話す。

        ⇒ 中国毛沢東作戦

 

ちなみに今後は アパレル事業展開も視野にとコメントしています。

 

このおじさん (大変失礼いたします) ただ者ではない・・・

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

あなたの今後の人生のモチベーションアップ等のお役に立てれば・・・

 

応援有難う御座います。

よっこらしょ・・・!!

スポンサーリンク