スポンサーリンク

%ef%bd%8e%ef%bd%87%e5%95%86%e6%9d%90%e3%89%97

 

 

なぜ今自分が生きているのか・・・人生の意義が分からない。何の為に、どこに向かって、こんな後悔ばかりの人生に意味などあるのか?

 

 

 

過去人生で一度や二度くらいは、こういった考えに

陥ってしまう又は、いわゆる自暴自棄になってしまう

事って少なからず誰しもあることでしょう。

 

ややもすれば睡眠不足に陥り、精神状態が良好では

なくなるというパターンも・・・

 

しかし皆、そのような疑問や不安を抱え日々生きているのだと思います。

 

つまり、 決して一人ではないという事

 

同じような悩みを抱き、日々葛藤し自問自答する。

そんな「仲間たち」が周りには大勢いるという事

 

ただ、周りには自分の目標に向かい、日々懸命にまた、

生き生きと人生を謳歌している人がいます。

それもまた事実です・・・

 

そんな人生をエンジョイして前向きに行動している人が、

世の中にはたくさんいて、何で自分だけが ・・・と

周りの人たちがうらやましく思ってしまう。

 

ただ現実は、人間皆何かしらの不平不安不満を

抱えながら生きている事でしょう。

 

なぜ生きているのか・・・・

おそらく人生とは、それを探す旅ではないでしょうか?

%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%b3%87%e6%96%9987

 

 

 

 

 

 

 

この世に完璧な人はいませんし、完璧な人生もありません。

大なり小なりの挫折を味わい、それを乗り越えて・・・

自分で作った壁を越えられない・・と、もがき苦しみ。

 

ただそのような状況下でも、常に輝き何事にも

ポジティブに物事捉えられる人との

相違とは一体何なのか?

 

おそらくその違いは、

自分自身を好きか、嫌いかの違いです。

 

失敗してもよいのです。 それも自分の個性ですから。

 

得てして第三者、職場等での他人からの外部評価で、

やる気、自信を失いがちです。

しかし、本来の自分というのは他人からの評価だけで

決まるものでしょうか。

 

ひとことで ‟評価„ といっても 自分自身の自己評価もあります。

今日は100点中半分の50点だった・・・の自己採点

それと先程の職場等の他人からの集合体評価。

 

要は、評価といえども複数の評価から、そこには人物像も存在します。

 

一般的に 仕事での評価は高いけれど、人間的に嫌われている人もいれば、

その反対に仕事での評価は低いけれど、家族、友人、周りにに愛されている人もいます。

 

つまり自分の居場所は、決して1カ所ではないという事

 

他人は他人で、周りが何をどう言おうが全くもって気にせず、

自分自身の応援団長として、自己信頼、自己実現。

自分という存在が愛おしく、永久的にファンでいる事。

 

そういったことが、1歩1歩 前へ進む力になるのではないでしょうか。

 

「自分を大事にし、自分を愛する」ために、表現し行動する事が、

自分の価値を高める事です。

 

その勝負に負けても 次回勝てば良いじゃないですか・・

100人に嫌われても  愛する一人に好かれれば・・・

 

大事なのは勝つことではなく 「強くなる事」

 

自分自身を好きにならないと、他人に自分を好きになってはもらえません。

自分は何をやっても駄目だ・・とダメ人間のレッテルを貼っているようでは、

半永久的に人生好転しないでしょう!

 

自分を鼓舞してくれるのは、自分しかいないのです。

なりたい自分になれるまで、人生の成功者気取りで良いじゃないですか。

 

少し前まで出来なかった事が、可能になったら素直に喜びましょう!

 

あくまでも他人の評価という物差しで、自分を判断しない事。

あくまでも他人と同じ右ならえで物事完結させない事。

 

小さな段差の無い階段を、1歩1歩進んで行けばやがては・・・

 

周りの意見に左右されず、自分の心の言葉を信じ、信頼し、信用し、

まずは今日から行動する事。

 

これこそが本当の自分の人生

 

だれでも 

「成功」 は約束されてはいませんが、「成長」 は約束されています

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%b3%87%e6%96%9988

 

 

私の大好きな 東洋経済オンライン より一部引用

スポンサーリンク