スポンサーリンク

 

人間は、得をしたいという気持ちよりも損をしたくないという気持ちのほうが大きいという考え方です。とある研究によると、この損をしたくないと言う心理は、得したいと言う心理より“2倍も強い” とのことだとか。特にお金のことに関しては・・・・

 

fffffプロダクトfffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

まず初めに、お金の専門家ではないので、今回記事では

決して「億万長者」になる方法とか、「年収〇千万」になるための極意・・・

みたいな投稿ではないので、ご理解ご了承ください。

 

「どうしても、今すぐ大金が必要なんじゃ~~~」

っていう方は、また次の機会に・・

 

まあ、そういう私自身も、このブログで何度か

記事投稿していますが、幼少時は極貧生活でした。

 

20代は「どうしても、今すぐ大金が必要なんじゃ~~」

という青春?時代でした。

 

他県で、父親が共同事業でダマされ、

今の地域に住まいを移し、そこで私が生まれました。

 

そりゃお金がないですから・・・

 

とある古びたアパートで、家族4人4畳半、風呂なし生活です。

ちなみに、私が小学校低学年の時に、父がトタンで

お手製お風呂場を作成しました(北風ぴゅ~ぴゅ~~)

 

 

 

 

 

当時、年の離れた姉は遅くまで押し入れで勉強し、

押し入れで寝ていました。

 

なにぶん家が4畳半一間なので、学校及び地元の友達等、

そこから引っ越しをする中学2年までは、恥ずかしくて一度も家に呼べず、

今思い出しても辛い記憶しかありません。

 

「お金」でなく「信用」を貯める

振り返れば、生前父は「お金」に目がくらんでしまった・・と

これから「損した人生を取り返す」と、休みなく働いていたような。

 

そして、私が社会人になった頃から常々

「お金ではなく、信用で人と付き合え」と。

 

が、しかし・・・・

 

今回も、前置きが長い記事投稿ですが、

幼少時の経験・体験がその後の人生形成します。

 

幸か不幸か、私の性格が良かったのか、

当時の友達皆金持ち家族(商店経営、自営業等)なので、

二階建て、自分の部屋あり、ラジカセ有り、しかも必ず、犬か猫を飼っている・・・

 

幼少時は悔しかった、苦しかった記憶しかありません。

 

姉のお古の洋服を着ていて、一部のガキに、

よくからかわれたものです。

 

お〇ま、お〇な・・みたいな(笑)

 

 

 

当時、貧乏なので平日は両親は共働き。

なので、学校から帰れば私がカギを開け留守番。

 

姉も年が離れていたので部活動等で遅くに帰宅。

もちろん、県外から引っ越しですから近所に身寄りもなく。

 

それはそれは、とても一人で寂しかったこと鮮明に覚えています。

たまによく涙していました…(笑)

 

なので、どうしても犬が欲しかった。

独りぼっちは嫌だったので・・・

 

それからというものの、当然大学進学は諦め、

高卒後すぐ就職ですが、そこでもまた

人間関係でひと悶着あり。

 

 

そうです。

それから私の「金・金・金が全て」生活が

始まったのです。

 

とにかく、将来は「二階戸建て、庭付き、犬を飼う」

この3つの願望実現を急ぐばかりいわゆる

「自分さえよければ、自分さえ儲かれば」的な生活でした。

お金を貯めるか 信用を貯めるか「信用・信頼を稼ぐ」のに必要なこと

当然、当時は似たような同類人物、

「金・金・金が全て」の人しか寄ってこないし、

付き合ってもいなかったのです。

 

「お金」で得する人、損する人

そんな10代後半から20代30代での「お金」に

対する気づきが今回の記事投稿で、あなたのお役に

立てればと思い。

 

ちなみに、その当時のお付き合いのあった諸先輩方々、

バブル全盛期で羽振りが良かった方々、

誰一人現在、成功しているという言葉を耳にしません。

 

もしくは「地の果て」まで行ってしまった方々多数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

我が日本という国は学校では「お金の知識」という、

授業がない、一切教えない国です。

 

お金はたくさんある国なのに、マネーリテラシー(お金の知識)

ランキングではアジア太平洋地域で14か国中14位だとか。

 

 

ここでようやくお金で「得する人、損する人」

特徴下記発表です。

 

あくまでも、私の今までの体験、経験から

学んできた個人的見解です。

 

あなたはいくつあてはまっていますか?

 

お金で「得する人」

・物の「価格」ではなく「価値」で買う

・最終的にトータルで得をするよう考えている

 

・投資・消費・浪費の3アクションの判断が的確

・時間軸で行動している(行動時間単価を意識している)

・決してひとり勝ちしない(ウィンウィンの関係性重視)

 

 

お金で損する人

・絶対に損したくないと考えている

・自分さえ儲かればよいという思考が強い

 

・相手の時間を平気で奪う傾向がある

・他人のアドバイスを無視する

・普通という感情・概念に縛られる

 

「成功しやすい人」「他人に好かれる人」は。不器用・不自由な人ほど

「損を恐れて損をする」

今までも記載してきたように、

相手が損しても、自分だけは・・・

という意識が強いとまず「得」をしません。

 

とにかく、これは経験者は語るです。

 

ただし、全くの利益度外視しろ・・と

言っているわけではありません。

 

ある程度の「お金」は絶対に必要です。

ここでいう、ある程度は個人差がありますが。

 

中国・孟子の教えから

「恒産なくして恒心なし」

一定のお金や資産がないと、気持ちが安定せず、

結果としていい仕事が出来ないという例えです。

 

やはり、ある程度の心(金銭)に余裕がないと、

ここぞ!という場面で、選択を誤りやすいです。

 

20代~30代の頃の私のように

常にお金に「ギスギス」していると、

本当のチャンスを見誤り、逃します。

 

結果、数年は「損した人生」を送る羽目に。

 

 

 

 

 

 

「お金は後からついてくる」

とにかく自分が充実出来る生活をしていると、

「お金は後からついてくる」

 

自分の時間確保のためなら

ある程度の出費は拒まないこと。

 

のちのちの人生で、必ず「得をする」

習慣づけになるはずです。

自分にあるものに気づく「今ある」幸せに気付くと「なる」になる技術

 

「お金」=自由を手に入れる手段

なのですから・・・

 

 

今回は二部作にします。

近日中に「人間関係」で得する・損する人

記載します。

 

 

最後に余談ですが、

アメリカニューヨーク州世界の金融センター「ウォール街」での、

出世出来ない人、お金が貯まらない人3条件は・・・・

 

チッチッチッチッチッチ

 

・・・・・
・・・・・
・・・・・

「メタボ」

「スモーク」

「アルコール」

だとか・・・・

3番目厳しい~~個人的に

 

fffffプロダクトfffff

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!

 

相変わらずの連日「新型コロナウイルス」

感染者報道です。

 

もうすぐ「お盆休み」だというのに・・

あなたもこのくだらない魔物に侵され、

「人生損をしないよう」お気を付けください。

 

・・・・・

・・・・・

・・・・・

 

私事ですが、

「コンテンツ共有プラットホーム・Brain」

 

に、「時間とお金の自由を手に入れる」 ための、

記事第一弾として「あがり症&プレゼン力克服」の極意という

タイトルで投稿しています。

 

是非、興味がある方はご覧ください。

 

・・・・・

・・・・・

 

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

 

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

 

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

 

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク