スポンサーリンク

 

「令和のリストラが始まった」先日のネットニュースの記事題目です。2~3年前までは「リストラ45歳以上対象企業」みたいな記事を目にしていましたが、昨今は「リストラ40歳から」という企業、しかも大手企業が多いようで・・・

 

fffffプロダクトfffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

冒頭記事コメント「リストラ45歳以上対象」

下記企業です。

 

コカ・コーラ

キリン

日本ハム

NEC

富士通

 

名立たる大手企業が数年前に宣言しています。

 

で・・・この度更にうえいく「40歳から」なんて・・

 

 

 

 

「令和のリストラが始まった」

 

平均寿命は80歳を超えていて、人生100年時代です。

元気で長生き出来ればいうことはないですが、

生活の糧となる仕事は、そんなに長く続けられるか。

 

令和のリストラは、40歳から始まる。

人生の折り返しを迎える前に、クビを切られかねないのだ。

別段、恐怖心を煽っているわけでもないのでご理解を・・

 

・・・・

・・・・

 

この私のブログ読者のあなた。

 

あえて辛口コメントですが、大企業で何となく20数年働き、

深い専門性がない、そして真面目に働いてはいるものの、

「会社人間」「給料でやりくり」という、自由も面白味もない人生に

嫌気がさしている人もいるのではないでしょうか?

 

人生を好きに生きる あなたの貴重な「ゴール・残り時間」は・・?

 

ご存知でしょうか?

 

IT業界のリストラは凄まじいことを。

富士通は昨年、5000人規模の配置転換を行ったのに続き、

今年3月末までに早期退職制度で45歳以上を対象に2850人をリストラ。

 

経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)は、

モバイル事業の縮小で40歳以上を対象に1200人を削減。

 

東芝が早期退職で募集したのは1060人。

 

東京商工リサーチによると、昨年は1社だった1000人超の、

早期退職募集が今年上半期ですでに3社ある。

規模の大きさだけでなく、見逃せないのが若年化だ。

 

 

上半期に早期退職を募集した上場企業は17社。

年齢制限を設けたケースでは、富士通のように45歳以上が10社と最多だったが、

JDIのように40歳以上も2社あり、半導体メーカーのメガチップスは何と35歳以上だ。

 

 

そんな中、カーエアコン部品大手のサンデンHDは、

国内グループ従業員の1割に当たる200人程度の希望退職者を募ると発表。

 

対象は40歳以上で、レナウンも40歳以上を対象に希望退職者を募っている。

リストラのカットラインは40歳なのが、今の流れだ。

 

 

「自分の強み」

 

自分の強み=長所は誰しもあるはず。

 

自分には特別な才能などないと思っている人でも、

重要なのはどの場所にいるか、つまり『ポジショニング』。

 

 

 

 

 

 

 

現在の会社でしか存在できないのではなく、

どこでも活躍できるような状態であること。

 

転職に必要なことは、知識でも情報でもなく、

どう選べばいいかという判断基準。

いわば個々の「思考」

 

 

下記コメントは以前拝読し、共感した本からの抜粋記事。

 

キャリアはアップではなく「スライド」

上を目指すと果てのない競争が待っているが、横を見てみると

自分のキャリアを重宝がってくれる人(会社)が必ずあるということ。

 

 

 

 

「転職」のタイミング

 

これよく相談されます。

 

転職又は起業したいのだけれど、

タイミングが・・という話し。

 

ズバリ言うわよ・・・

 

 

転職してはいけないタイミング

「今の仕事がツラい、嫌になった」というタイミングです。

 

つまり、転職・起業するタイミングはこの逆バージョンです。

 

仕事がツラいとか、今の仕事が嫌になって転職を考え始めると、

「会社を辞めること」が目的となってしまい、たとえブラック企業であっても、

内定が出たらすぐに転職をしてしまう傾向があります。

 

 

このような転職を一度してしまうと、再び同じ動機で転職する

「負のサイクル」に陥りやすくなります。

 

転職は目的にするのではなく、自分が叶えたいことを実現する「手段」です。

 

今の仕事を辞めることを目的にするのはやめましょう。

転職は常に視野に入れておくべきですが、

あえて転職すべきタイミングがあるとすれば「仕事が最高潮のタイミング」です。

 

今の職場で成果を出せており、なおかつ仕事が楽しいと感じられているタイミングほど、

転職のベストタイミングです。

 

人生何とかなると思えるように「行き詰まりから這い上がる」捉え方

 

サラリーマン総副業時代「副業解禁」

 

ここにきて、「副業解禁」を許可する大手企業が

溢れています。

 

というか、あの日本を代表する王様企業の、

「トヨタ」が終身雇用を回避した時代です。

 

私の若かりし時代はバリバリの「終身雇用」でした。

 

能力もなく、ただ無駄に歳を重ね、組織にしがみ付くだけしか能がない人間が、

うようよ偉そうに幅をきかせている(笑)

 

何よりも自分が嫌だったのは、そういう組織にいると、

最終的に自分も同じ人間になってしまうのではないか? 

 

 

「自分の身は自分で守る」

 

 

まずはこんなご時世。

 

今いる場所に「しがみつかず」

会社組織は仕事をする場所であるにもかかわらず、

そこにいることが目的になってしまっていないかを自身で問いてみては。

 

天職を探して転職を考えるのは否定しません。

まず、転職して自分が満足することをする、というのは悪くないことです。

 

 

 

早く行動して、早く失敗する

by イチロー

 

fffffプロダクトfffff

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

補足ですが、大手銀行のリストラ宣言

恐ろしくないですか・・

 

良かった銀行マンにならなくて

 

 

 

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

 

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

 

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

 

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ ?

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク