スポンサーリンク

 

「結果」が全てか全てではないかは人それぞれです。「結果」ではなく「課程」という考え方もあります。又、元メジャーリーガーイチロー氏は「結果は困難を伴って出すべき」とコメントしています。私は凡人なので、少しの障害と・・・・

 

fffffプロダクトfffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

ラグビーワールドカップ、盛り上がっています。

この記事投稿記載している日は、「結果」次第では、

ベスト4進出なるかの、南アフリカ戦。

 

勝負の世界はもちろん「結果」ですよね・・・

 

何?日本負けてる・・・・

 

Ps 負けてしまいましたね・・残念!!!

 

 

勝負は「結果」次第、でも人生では・・・

 

スポーツ、格闘技、試験等、

「結果」が求められます。

これ当たり前。

 

ただ「人生」においての「結果」は、

他者が判断することではなく、そして100点満点でなくても、

自分で70点でOKであれば結果オーライです!

 

普通は1か月で可能という世間体評価でも、

本人が半年掛かって到達出来たら良いと、

判断して成し遂げれば結果オーライです!

 

 

 

記事冒頭の「イチロー」氏のコメント続き。

 

「結果は困難を伴って出てくるものだ一生懸命頑張るのは素晴らしい。
しかし、精神的には7割でいい。心に余裕を持って、戦いに挑むことが大切」

 

まさしく・・・

 

イチロー氏のような天才ではなく、凡人が言いますが、

「結果」を出すために少しの障害(個人差あり)が伴います。

 

寝不足、胃痛、便秘、肌荒れ、頭痛、腰痛、関節痛?等

 

 

人間というものは、元々、怠けやすい生き物です。

人間というか生物にはホメオスタシスといって

「現状維持しようぜ!」っていうプログラミングが体に施されています。

 

 

「結果」だけをモチベーションにして生きていると、ストレスがかかり、

「不機嫌」になり、パフォーマンスが落ちてしまいます。

 

しかし、「自分の心は自分で決める」生き方ができれば、

心のゆらぎが少なくなり、パフォーマンスも上がるのです。

 

「こうあるべき」を手放せば自由に楽になる『自分が何をしたいのか』

 

人生においては最初から「結果」ばかりは?

 

最初から結果を考えるのは当然のことですし、

自然に思えますが、落とし穴があります。

 

最初から結果ばかり考えていると、

不安や恐怖が肥大化していき、そちらに気を取られます。

 

注意が散漫になったり余計な消耗を増やしたりしていると、

肝心の仕事に打ち込めなくなります。

 

 

最初から結果ばかり考えていると、かえって結果が出にくくなるのです。

 

 

脇目を振らず、目の前のことに集中しましょう。

後から悔いがないよう、自分できることをすべてやり尽くしましょう。

全力を尽くしていれば、それに応じた結果がやってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分のペースで」

 

個人的にこのフレーズが好きです(笑)

 

「自分のペース」「マイペース」「我が道を行く」

 

 

人間の社会では、いつも「結果」を求められます。

実績や成果と言ってもいいでしょう。

 

とにかく、ほぼすべての人たちがそれらを獲得するために、

行動を選択して生きていると言っても過言ではありません。

 

ビジネスも、勉強も、スポーツも、どこへ行っても

「結果」というものがついて回ります。

 

それは、人間の脳の働きには「認知」があり、

外側の世界をつねに判断し、評価し、結果を予測して行動を選択するからです。

 

心を大事にするというのは、「いやなことはしなくていい」ということでも、

「結果」はどうでもいいということでもありません。

 

人間として生きている以上、「結果」を無視して生きることはできません。

 

私たちの脳は、結果のために認知を働かせ、行動を決めるようにできているからです。

この仕組みを分かったうえで、最善の行動をとるために、

心を切り替えて、自分の機能をまずアップさせて生きることが大事なのです。

 

「自分を責めない幸せにする」には「小さなことに忠実」になることと・・

 

「結果」は後からついてくる

 

結果が出なければ、たいてい人から責められますし、

責められなくても、結果の出せない自分を「ふがいない」と思う人もいるかもしれません。

 

「売上げなんか上げなくていいから、楽しく仕事をしようよ」

などという奇特な会社は、あまりありませんね・・・・

 

 

「気づいたらいつのまにか結果が出ていた」

 

過去の私の実例ですが、若かりし頃の会社員時代の

営業を見てて気づいたこと、結果を出している人ほど

「数字(ノルマ)結果」をさほど気にしていない。

 

数字を出すために営業しているのではなく、

あくまで「お客様」のために動いた結果、

気づいたら数字が達成している。

 

 

随分後になっての気付きです。

 

当時は、「そんな綺麗ごと・・」と、

ノルマが達成すれば給料アップボーナスアップするわけです。

 

自分の生活、家族を養ううえで「給料=金」が全てという

時代がありました。

 

とにかく、自分のため生活のためでした。

少なからず人生そういう時期はあってしかり。

 

そんな月日を経ての気付きです。

 

 

 

「結果」は自分のペースで

 

あくまでも、他人(身近なライバル的存在)を

意識し過ぎると、自分の歯車・ペースが狂ってしまう

という人もいます。

 

過去、自分がそうでしたから・・

 

随分と、心&体が悲鳴をあげていたのを受け入れられず、

かなりやばい状態を繰り返しました。

 

結果その時期のことは、今では消したい過去に

なってしまっています。

 

なので、最後あなたに言えること。

自分を信じて楽しくマイペースで。

 

きっと思い描いている人生の結果

「何とかなる、大丈夫です!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fffffプロダクトfffff

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

余談ですが「結果にコミット」に、

通うか迷いましたが・・

 

・・・・

・・・・

 

「結果」

 

・・・・

・・・・

 

通いませんでした(現在ビール腹)

※どうでもいい情報

 

・・・・

・・・・

 

 

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

 

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

 

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

 

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ ⇓

 

 

 

 

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング</a

スポンサーリンク