スポンサーリンク

 

 

 

 

 

自己成長意欲高い方は、何で今更「アドラー心理学」?と思われるでしょう!・・・がしかし、当ブログ管理人とある記事投稿に巡り会い、敢えて今更「他者貢献」の重要性を自身問い直しまして・・・宜しければお付き合いください・・・・・

 

ffffffプロダクトffffff

 

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!

 

 

アドラー心理学  では、

「自分の価値は他者への貢献によって得られる」

と言っています。 

 

 

自分の価値を感じることができないと、

自分に自信が持てず、勇気も湧きません。

 

 

そして、自分に自信が持てず、勇気が湧かないと、

人生の課題にチャレンジすることができず、

いつも逃げ回ってばかりすることになります。

 

 

 

アドラー心理学 でも、最も重要なコンセプトの1つ、

幸福の条件

 

①自分が好き

②人が信頼できる

③貢献感がある

 

 

この3つが、常に促進されることを、

 
人との関わりの中で、とても大切にしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自己啓発第一人者ベストセラー作家の言葉

 

では、私が偶然にも巡り会った文面ご紹介します。

 

全て記事引用です・・

 

 

「何かを達成しないと貢献ができない」

 

「自分は貢献するに値するだけの
 正式な教育を受けていない」

 

「自分の成果物はまだ貢献できる
 レベルに到達していない」

 

しかし、彼女はそれらの考え方が
誤りであると強く断言します。

 

 

何かを達成していなくても、

満足のいく結果が出せていなくても、

お金を大量に稼いでいなくても、

 

 

あなたは今この瞬間

生きているだけで、

存在しているだけで、全身で貢献しているのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家族と同じ部屋に入った時、

仕事仲間と挨拶を交わす時、

見知らぬ人とすれ違う時、

 

あなたの存在自体がすでに

他人に影響を及ぼしているのだと。

 

貢献する日まで、あなたの影響が

どこかに隠れているという事はありません。

 

 

決して、自分が提供するものを

過小評価しないこと。

 

 

多くの人に影響を与えると

思えないからといって、

 

また、正式な訓練を

受けていないからといって、

 

自分を過小評価しないこと。

 

自分自身を萎縮させて考えると、

思考や考え、行動、ビジョンへの

エネルギーまでも小さくなり、

 

 

提供物さえも過小評価してしまいます。

 

 

売り手が過小評価している

提供物を誰が買うでしょうか。

 

 

萎縮した考えのものは、誰も購入しません。

 

 

重要なのは、今のあなたですでに

顧客にとって価値があるということ

だと彼女は言います。

 

 

社会的に成功してからでないと、、

有名になってからでないと、、

お金を手に入れてからでないと、、

社会貢献はできない、

なんてことは幻想でしかないのです。

 

 

 

※あなたが今日、身近なところから 

 始めることができる貢献は何ですか?

 

 

 

ぜひ考えて小さなことから行動してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

老師「日々是好日」   他者との関わりの重要性

 

 

中国老師の教えでは、仏教徒にとっては

 

自分を決定づけるのは、他者との関わりが必須と考えています。

 

 

「自分のため」=「人のため」と考える。

 

 

なんでもいいなりになるということではなく、

他人と問題を共有して取り組むということ。

 

 

それが、「やるべきこと」 になるという考え方です。

 

だからこそ、「やりたいこと」ではなく、「やるべきこと」

 

をするのが大切。

 

 

 

大事なのは、「大切な自分」や「本当の自分」、

「夢を叶えて生きる」といった妄想から降り、

他者とのかかわりのなかで成立している自分の存在を見極めること。

 

 

そこを目指していけば、「生きているのも悪くないな」

「生きていてよかった」と思える日々が重なっていくはずだと・・・

 

 

仏教では、人生はつらく、苦しく、悲しいもの、

せつないものだと断じているのだそうです。

 

 

たとえそうでも、すべてを抱えて死ぬまで生きる、

その勇気こそが尊い。

 

 

つまり仏教とは、生きるためのテクニックだということ。

 

 

だとすれば、仏教というツールの一端を活用してみれば、

生きることは少し楽になるのかもしれません。

 

「記事文一部引用」

 

 

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!

 

引き続きお役に立てる情報配信心掛けて参ります。

 

 

「みんな悩んで大きくなった~~」????

 

 

不定期配信お許しください・・

 

よっこらしょ(笑)

スポンサーリンク