スポンサーリンク

 

今回は現実的な、お金=時間について。あえて年収1,000万円ではないところはご了承ください。年収700万円なら自分でも何とか・・みたいに思いませんか?インターネットビジネスで月収100万円収入等の方以外で悩んでいる方頑張りましょう!せめて前向きな心構えだけでも・・

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

たまには生々しい 「お金」 に繋がる記事も・・と思い。

 

 

私の愛読書○○ジデントの編集者の方の記事を以前拝読し、

最近年をとってますます痛感している「お金」「時間」にスポットあてます。

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

「平均年収」 気になりませんか?

 

国税庁の民間給与実態統計調査 によれば、

給与所得者の平均年収は420万円。

年収800万円以上の給与をもらっている人男性の人数は

3,875千人、割合は13,8%となります。

 

 

また、職種別ですと・・・

電気、ガス、水道といったインフラ業で年収800万円以上の

人の割合が30%以上にもなっているということ。

3人に1人は年収800万円以上なのです。

 

ちょっと驚きではないですか・・・!

(職種の方には申し訳ありませんが)

 

以下、金融業、保険業・・・24,1%

情報通信業・・・19,6%

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストな収入を導く 「有効時間」の使い方

 

時間年齢速度・・・ってご存知でしょうか??

 

こちらも、どなたかの記事か忘れてしまいましたが、

年齢と共に、過ぎゆく時間が早くなる例え。

 

年齢30代は 人生時間速度 30km
  40代は        40km
  50代は        50km

で、日々時間が過ぎていくとか・・・

私なんか40km制限だとスピードオーバーです・・・

 

 

まず、お決まりの言葉から  分かっちゃいるけど・・・

 

朝を制するものは1日を制す

 

ボーッと1日を過ごさないためにも、朝からの早いスタートが差をつける。

 

年収1500万以上の方約4割が

5時台またはそれ以前に起床している。

というデータがあるようです。

 

対して、年収500万以下では同数値は3割に満たなかったとか・・・

 

早起きは三文の徳。

どんな仕事でも先手必勝です。

 

また、朝は頭がよく働くので、仕事の効率もいい。

朝の1時間で、昼間の3時間分の仕事がこなせるとも言われています。

 

更にさえている頭脳で、いいアイデアも次々と湧いてきて、

それをメモに取って後で役立てられるという効果も。

 

 

 

 

 

「朝の生産性は夜の残業の6倍」

 

当ブログ管理人が崇拝するお一人、

早起き経営者で特に有名な「日本電産 永守社長」

 

今年で創業44年、1代にしてグループ企業連結売上1兆円強の

企業にまでした永守氏は今でも365日朝4時起きで出社。

 

以下、永守氏の企業での時間のインタビューで・・・

 

『私の過去何千件かの会社を指導してきた経験からいいますと、

社員の出勤時間の遅い会社は、いくら一生懸命指導してもよくなりません。

例えば不良品や在庫が多いという問題を抱えていても、それすら直すことができません』

(永守重信「奇跡の人材育成法」、PHP研究所)

 

 

余談ですが・・・

そもそもタバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。

観光にも美食にも縁がない。

正直にいうと「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない

(永守語録)

 

 

また、ある調査会社の調査によれば、

「これまでの倒産企業を調べた結果では、

社長が毎朝7時半までに出社する会社でつぶれたケースは一社もない」

とのデータもあるそうです。

(こちらも余談ですが・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで、感じていただきたい 「朝の時間有効活動」 は

世間ではやはりすでに重要視されています。

 

と、いわゆる隙間、移動、無駄時間を自分なりに、

今おかれている状況に応じて使い分ける術 を、

身に着ける日々の訓練をご紹介します。

 

当ブログ管理人自身の事例踏まえて・・

 

「タイム・イズ・マネー」 仕事はスピードが命 

 

孫子の兵法にも、『拙速は巧遅に勝る』という教えがあります。

上手にできても時間がかかるのはだめで、下手でも早くできたほうがいいということ。

 

・メールは24時間以内レスポンス

・移動中も情報収集と自己啓発

・隙間時間のビジネス書

 

ホントすみません・・・これだけです・・

 

 

 

とは言え、昨今の研究結果で過剰に時間時間は禁物だとか・・・

 

時間に過大な金銭的価値を置くと、

自分がしている仕事に価値を感じづらくなり、

時間を最大限に活用しなければというプレッシャーがストレスになるということです。

 

「時は金なり」は大事かもしれませんが、

あなたの健康にはもっと大きな価値があるのです。

 

最後に、言いたかったこと

 

朝、移動、隙間、の時間を有効活用しましょう!

今回はこれだけの事120%意識集中すれば必ず

変わります。

 

で、

 

夜は 家族サービス、恋人と食事、トレーニング&趣味

 

そして 嫌なことは 飲んで・食って・寝て・忘れる

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

 

スポンサーリンク