スポンサーリンク

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%95

 

 

今年こそ勝ち組に? いわゆる勝ち負けは誰の評価なのか? 自分、一般論、世間の目?人生の勝ちの基準は自分の内に秘めた確かなもの?・・他人ではなく己に勝つ2017を応援します!!・・・

 

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

本日1月4日が仕事始めの方が多いと思います。

年頭はやはり誰しも、過去の自分に決別、自分を変えたい等、

仕事又はプライベートで志を高く過ごせる日々が数日・・・?

 

当ブログ責任者も毎年毎年数日?で挫折してしまい、

いわゆる自己嫌悪で残り1年間を過ごす(惰性?)日々を・・・

 

過去の自分の反省及び経験から今回の記事投稿します。

何かのお役に立てれば・・・

 

中国偉人 孫子 の教えから・・・

 

ビジネスパーソンとして大多数の人は、常に勝ちを意識しています(当たり前ですよね)

キツい苦しいけど、競争が激しいのだから仕方がないと言いながら・・・・・

しかし、そんな戦い方がいつまで続けられるのでしょうか。

 

実は、最終的にその他大勢から抜け出す人は、勝とうとする前に「負けない姿勢」で、

戦っているのではないでしょうか。

悲しいかな年金受給年齢の引き上げに伴い定年が延び、一線で戦う年数が長くなっています。

長寿化もあってビジネス人生は長くなる一方です。

 

こうした中、短期的に勝つことよりも長期的に見て、 「負けないこと(守り)」 

が求められるのです。

 

孫子は、 「先ず勝つ可からざるを為して、以て敵の勝つ可きを待つ」 べきだと言っています。

先に負けない備えをしておいてから、敵がミスをしたり弱みを見せるのを待てと言うのです。

 

それはなぜかと言うと、 「勝つ可からざるは己に在り、勝つ可きは敵に在り」 だからです。

 

負けない準備は自分で事前にできるが、勝てるかどうかは敵の出方次第だと言うのです。

そう まずは負けない準備が大切なのです。

 

%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%b3%87%e6%96%99130

 

 

 

 

 

 

 

勝算が高い状態で戦う
 
準備段階、作戦段階で勝てるかどうかはある程度分かるのでは・・・

事前に勝算を高めるために準備を万全にする。これが負けないために重要なことです。

出たとこ勝負で、何とかなるだろうという考え方はこれからの人生において非常に危険です。

 

自分だけで頑張らず優秀な人を味方につける
 
どんなに優秀な人でも、世の中のあらゆることを自分ひとりで把握し、

理解することはできないでしょう。

世界中を飛び交う情報をすべて把握することもできません。

 

負けないためには世の流れ、敵の動きをつかんでおく必要があります。

自分ひとりだけが頑張り、能力を高めるのでは足りないのです。

いかに優秀な他人を集め、使うことができるか。

 

負けないためには人の助けを借り、人の持つ情報をうまく取り込むことが重要なのです。

 

焦って戦わず、長期戦に持ち込むべし   (孫子の言葉より)

 

仕事でも人生でも10年もあればその道でのプロ・・・になれるのでは。

ましてや20年もあれば、それなりの地位、立場にたっているでしょう。

 

何が言いたいかというと、それまでの年月に「もう駄目だ」「もう負けた」「もう終わりだ」等、

ちょっとした失敗で心が折れる変なプライドは捨てる事。

 

勝とう勝とうとはせず、悲しくても、辛くても、悔しくても、恥ずかしくても、

じっとチャンスを待って耐え忍ぶ・・・

10年後20年後に自分が設定した場所で勝てばいいのです・・・

 

こうした 「負けない姿勢」 を継続できる人が、その他大勢から抜け出し、

人生という長距離レースを笑顔で終えることができるのです。

「孫子の教え」

%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%b3%87%e6%96%99122

 

 

 

 

 

 

 

最後に・・・言葉でお役に立てれば・・・

失敗から学ぶことが最後の勝ちにつながる

人生に失敗はつきものです。

勝ったり負けたりが人生・・・

 

負けを認める事は苦しいが、その苦しさに耐えることが、

最後の勝ちを得ることに繋がるのでは・・

 

事業に失敗したといって自殺してしまう人がいます。

リストラを悩んで自殺する人も実際にいます。

 人生で言えばたかがひとつの挫折ではないでしょうか?

 

「負けて学び、勝って学ぶ」

人生の価値はそこにあるのでは。

 勝って何も学ばないよりも、負けて何事かを学ぶ方がはるかに意味がある。

 負けるのは恥ではない。負けから学べば良い。

負けをきちんと受け入れない生き方こそ恥とすべきでしょう!!

 

最後に勝つ者が本当に勝つのでは・・・

最後の勝ちは、それ以前に横たわる「失敗」や「負け」を真摯に検討することからしか生まれない。

 

山を登るには色々なルートがあるように、どの道を辿っても結局は今の自分に行き着く。

それが遠回りだったか近道だったかは、あとで考えれば良いことで、

大事なのは遠回りをしなければ分からない事があるという事。

 

どんな道を辿っても本当に自分がなりたい自分になる。

「私は私」であるということ。

たとえどんな不遇な環境にいても、

 今の自分を大切にすれば、自分がなりたい自分になれる。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e8%b3%87%e6%96%99131

 

 

 

 

 

 

 

この度も当ブログ最後までご覧いただき誠に有難う御座います。

 

2017年スタートに辺り今年こそは・・・とお考えのあなた・・・

私が後発組でインターネットビジネスに着手し、ブログアフィリエイトに

めぐり逢い、更に収入アップの現実から自由を手にした経緯を後日

ブログアップしていきます。

 

 

 

スポンサーリンク