スポンサーリンク

 

先日帰省した知人と、長期山籠もりモード入っていました。で、その際昔話に花が咲き、お互いの若かりし頃の「ダメダメ体験時期」の相談オンパレード復活話からの教訓?今回ブログ記事投稿します。まだ完全記事投稿モードに入っていないため、誤字脱字ご了承くださいませ・・・・

 

ffffffプロダクトffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

人間って忘れる生き物ですね。

というか歳・・・なのですが。

 

自分の若かりし頃の、挫折体験を今回同行知人に、

これ程までに相談していたことすっかり忘れ、

懐かしく、特に「生きてるぞ!!!」ということ実感(笑)

 

乗り越えられない困難は、自分にはやってこない

 

 

「ダメな自分」は思い込み

 

仕事で失敗したときや、誰かに否定されたとき

「自分はなんてダメな人間なんだ」と感じる。

 

特に頑張り屋が多い日本人にありがちな、

「間違いや失敗を犯したときに自分を責めすぎてしまう癖がある」ということ。

 

あなたが「自分はダメな人間だ・・・」と、

決定したからあなたが落ち込むことになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういう私こそ、本当に自分は「ダメ人間・・・」と、

自負していたトータル数年間。

 

社会人1年目での、直属先輩数人からの長期に渡る

陰湿な「イジメ」で精神が病んでから、その思考が

「癖」になってしまい・・・

 

約2年間は、とにかく寝れなかった・・ことは覚えています。

あまり仕事以外は外出しなかった、出来なかったことも。

 

今回の知人に随分当時のことを相談していました。

(あまりそのこと覚えていない・・・)(笑)

 

何度か「死にたい死にたい・・・」と。

話し聞きながら、お互い大笑い

 

 

 

 

 

その職場は実際3年で退社するのですが、

最後の1年はある意味「無駄な2年間を挽回する」

ということだけ考えて生きていたように思います。

 

ある意味、良い目標だったのかなと・・

精神的に強くなった自分思い出します。

 

そこからの数年間は、今思えば人生での好調時期だったのか、

「運」?も味方して、金銭的、精神的絶好調でした。

 

随分「マネー」も貯まりました・・・大笑い

 

・・・・・・・・

・・・・・・・・

・・・・・・・・

 

が、このお馬鹿さん太郎

 

またも「しくじり先生」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自己評価」が低い

 

今思えばです。

まさにこれ「自己評価」

 

自己評価が低い=他人と比較して「自分はここがダメだ」と。

自己否定に走りがちで、その多くは他人の長所と自分の短所を比較して、

わざわざ自己否定をするもの。

 

当時は、新しい人脈もでき、更に人が人をという、

好循環だった記憶が。

それが、少し天狗になっていた自分の戒めだったのでしょう。

 

30代になり、縁あってとある企画会社のプロジェクトの一員に加わりましたが、

そこでの自分のレベルの低さ、柔軟性のなさ、発想力の乏しさをマジマジと痛感しました。

当時はそれが人間的に「負け」だと思い込んでしまい・・・

 

弱くてオドオドしていた室内犬が野生化して、

見るものすべてを威嚇していたのです。

 

 

常に背伸び背伸びの日々。

何でも出来る、やってやる・・的思考全開。

空回りという言葉です。ぐるぐる全開焦り大爆発です。

 

耐えきれず負の感情を爆発させ、人とトラブルになり、結局縁が切れる。

するとまた、そんな感情的な自分を嫌悪する・・・負のスパイラルでした。

実際、金で縁が切れる・・ということも。

 

 

「やっぱり自分はダメな人間だから失敗したんだな」

当時の口癖でした・・・

 

 

勝てるかどうかではなく、「輝けるか」どうか

 

無敵・素敵・勇気・根気・やる気・元気・奇跡「自分最高!」褒める術

 

 

差ではなく違いと捉える

 

「自分がダメなんじゃない。今までの自分の「やり方」が悪いのだ」

 

上記は、当時この同行知人が私に発した言葉です。

 

補足で、

 

「自分のやり方で得意な方向でやっていけば良いじゃないか」とも・・・

 

そういえばこのころから、多様な自分を受け入れられる

器が大きくなったような(遅くないか???)

 

 

自分のダメな部分をなくして自分を好きになるのではなく、

自分のダメな部分と厳しく向き合っている自分を好きになる。

 

 

更に思い出したこと、このころから意識的に、

時間さえあれば「本を読む」ということを、

習慣づけ、今に至っています。

 

改めて、この知人に感謝!!

 

 

 

 

 

自分の「過少評価」を修正し、

自己肯定感を高めると他人が気にならなくなる。

 

そして、いざ失敗しても「まっいっか」思考。

 

 

下記、とあるライターさんコメント

 

自動車のハンドルに「遊び」があるように、

自分の人格にも、ほど良い腹黒さ、性格の悪さ、未熟さを残しておく。

 

そうすることで自分も楽に生きられるし、

他人にも窮屈な雰囲気を与えずに済み、

結果的にお互いの為になるのだ・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

余談ですが・・・「これで幸せになれる?」CMってご存知ですか?

 

・ねたまない

・うぬぼれない

・犬は撫でてあげる

・泣きたいときは泣く

・やさしくされたことは忘れない

・ドアは開けたら閉める

・あーだこーだ言い訳しない

「アースミュージック&エコロジーCM」

 

 

 

何とかなる

 

あなたの周りには、人生の目的がわかっていて

輝いている人が多いように思えるかもしれません。

 

しかし、皆それぞれ自分なりにその目的探しのために苦労をし、

心配を抱えながら生きているのが実態でしょう。

 

完璧な人なんていませんし、完璧な人生もありません。

 

 

まずは自分にやさしくすることから、はじめましょう!

 

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

しばらくお休み?いただいたので、

また投稿頑張ります。

よっこらしょ!!

 

また、お気軽にお越しください・・・

 

 

何かあなたに「勇気」が与えられれば・・・

 

 

 

 

 

友だち追加

よろしければお友達になりませんか?

あなたの背中を押せれば・・と思っています。

ぜひ一緒に乗り切りましょう!

ささやかな特典もご用意しています。

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第二弾出版しました

 

「コミュニケーションスキル」が全てを変える
「アフターコロナ時代は自分の名前で生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からの世界的「新型コロナウイルス」パンデミックで、

より一層世の中「デジタル化」が加速し、合理性だけを突き詰めて

人間関係が希薄になるのです。

 

しかし、ビジネス社会は人間社会であってお互いの

「信頼」「信用」なくしては成り立ちません。

 

現実ビジネスは人間的に泥臭く、義理や人情抜きでは通用・・・

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第一弾出版 

 

あなたの最高を引き出す方法・それは「言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま出逢った「一つの言葉」が、絶望を希望に変えることがある。

 

私の幼少期極貧時代から始まった「人生どん底」「紆余曲折」「一勝九敗」

一度や二度ではない「もう人生ダメかも・・・」

 

ただ、そんな体験談を乗り越えてきた際に必ず「言葉」がありました。

このブログで記載してきた過去の「生きる勇気」をもらった言葉の

エピソードを、書籍で綴っています。

 

まずは「小さな成功体験」から

そして「人生何とかなる・・」

・・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク