スポンサーリンク

 

「ファシリテーション」・・・コミュニケーションスキルの一つとして、当ブログ管理人考えています。一般論は個々人と人が話し合い、分かり合うための方法です。当ブログ管理人が好きな言葉、「ウイン・ウイン」の関係構築。ビジネスにおいてはいわゆる「会議」で使用される言葉です。

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

 

今回の記事題目  「ファシリテーション」

ですが、単刀直入の言葉で表現すると  (容易にすることの意)

 

※facilitate (促進する、助長する、ことを容易にする、楽にする)

という英語の名詞形。

 

1960年代のアメリカで生まれたもので、

さまざまな問題について話し合う際、

参加メンバーの意見や思いを引き出し、

課題を浮き彫りにして共有したうえで、

解決の方向を見出す方法(引用)

 

尚、どうでもよいことですが、当ブログ管理人の屋号

f・プロダクト の f

 

私の名前  〇〇 の f

freelance (個人自由業)

fire    (炎)

fight   (頑張れ初老)

finance  (財力あるか?)

factory  (物つくり)

facilitation(ファシリテーション)

 

の  f  です (どうでもいい~~)

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

とその前に・・

4つのコミュニケーションスキルの中の、

「アンガーマネジメント」

    ☟

「アンガーマネジメント」怒りの感情をコントロール「Why Japanese People?!」 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ファシリテーション」の 基本スキルとして

1、質問、発言、要約

2、話を聴く、話を引き出す

3、記録

4、グループ調整

5、コンセンサス、意思決定プロセス

 

 

3,11東日本大震災のときには、「話し合いファシリテーション」という形で、

被災地支援において大きな役割を果たしたそうです。

 

過去例を見ない津波や原発事故と連動し、

被災地を大混乱に陥れました。

私の仙台のクライアントも被害に哀れ・・・

 

その混乱は、建物の崩壊や物資の不足への対応から、

支援物資の最適配分、ボランティアと支援の仕事のマッチング、

そして被災地域の復興に向けた地域住民の合意形成などの必要性。

 

 

そんな例を見ない過酷な状況下に大きな役割を果たしたのが、

専門の「ファシリテーター」たちによる避難所や地域住民の

「話し合いのお手伝い」だったという事です。

 

具体的には、ホワイトボードに貼った模造紙に、

みんなの意見や思いを書き出す。

そうすることで必要事項を可視化し、

その時々の最適な結論を引き出してみせたということです。

「一部記事引用」

 

 

ビジネスの場における ファシリテーション

 

ファシリテーションは、人と人が話し合い、わかり合うための方法です。

「いま・ここ」で出会った人と人が「いま・ここ」

感じることを口に出し、シェアし、合意点を見出して行く手法として、

人と人との関係をつなぎ直す、結び直す時間と場所を提供してくれます。

 

 

1996年に日本に初上陸し、全国に1,000店舗以上を展開しているスターバックス。

コーヒーの味だけではなく、独特なインテリアやBGM。

 

そんなスターバックスが掲げているコンセプト

「サード・プレイス」 ⇒ (自宅・学校・職場につぐ第三のスペース)

 

スターバックスのスタッフ育成も、基本的に「ファシリテーション」

の考え方と手法によって行われているのだとか。

 

「さっきのお客様、ニコニコしていね。どんなことがあったの?」 

 

 

 

 

 

 

人を動かす  ファシリテーション思考

 

ビジネスパーソンが生涯に費やす打ち合わせ時間は3万時間と言われています。

仕事の3割をなんらかの打ち合わせ、意思決定会議、報告会議、

共有会議、定例会議などに・・・(馬鹿らしい・・・・)

 

 

「会議を変えれば会社が大きく変わる」とした回答者が45%に上っています。

 

・ 無駄な会議が多い(45.0%)

・ 会議等の時間が長い(44.1%)

・ 会議等の頻度が多い(36.7%)

・ 参加者のスケジュールを調整するのが難しい(21.7%)

・ 結論が持ち越されたと思う会議がよくある (21.5%)

・ 時間を守らない人が多い(21.1%)

・ コミュニケーションが活性化しない(20.9%)

 

「ライター 栗木彩乃 さん引用」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの場におけるファシリテーションは、

会議やプロジェクトを進行するにあたって、

参加者全員の発言をうながしたり、出された意見を簡潔にまとめたりしながら、

中立的な視点に立って目標達成を目指すスキルのことを指します。

こうしてファシリテーションを行う人は、ファシリテーターと呼ばれます。

 

 

以前に放映された「踊る大捜査線」での、

キャスト「ユースケ・サンタマリア」氏の役柄

「ネゴシエーション」

 

いずれも関係者との合意形成を試みるという点においては同じ目的感をもった営みです。

 

 

 

この度も当ブログ最後までご覧いただき誠に有難う御座います!

 

あなたの、一歩のきっかけになれば・・・

考える事も大事ですが、とにかく行動。

 

この世知辛い世の中ですが、あなたの行動で変わるかも??

 

よっこらしょ・・・

 

 

友だち追加

よろしければお友達になりませんか?

あなたの背中を押せれば・・と思っています。

ぜひ一緒に乗り切りましょう!

ささやかな特典もご用意しています。

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第二弾出版しました

 

「コミュニケーションスキル」が全てを変える
「アフターコロナ時代は自分の名前で生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からの世界的「新型コロナウイルス」パンデミックで、

より一層世の中「デジタル化」が加速し、合理性だけを突き詰めて

人間関係が希薄になるのです。

 

しかし、ビジネス社会は人間社会であってお互いの

「信頼」「信用」なくしては成り立ちません。

 

現実ビジネスは人間的に泥臭く、義理や人情抜きでは通用・・・

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第一弾出版 

 

あなたの最高を引き出す方法・それは「言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま出逢った「一つの言葉」が、絶望を希望に変えることがある。

 

私の幼少期極貧時代から始まった「人生どん底」「紆余曲折」「一勝九敗」

一度や二度ではない「もう人生ダメかも・・・」

 

ただ、そんな体験談を乗り越えてきた際に必ず「言葉」がありました。

このブログで記載してきた過去の「生きる勇気」をもらった言葉の

エピソードを、書籍で綴っています。

 

まずは「小さな成功体験」から

そして「人生何とかなる・・」

・・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク