スポンサーリンク

 

先日、某ニュースのサイトで、とあるライターの方が投稿していた「坂上忍」氏の仕事の姿勢・・という記事投稿を拝見し、ちょっとなるほどと思い、そしてちょうどのタイミングで「やりきる」ビジネスが自分のなかで進行中なので・・・

 

ffffffプロダクトffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

冒頭でも記載しましたが、私のコンサルタント先企業様の、

今年の経営方針連日打合せヤマ場での「やりきる」「やり抜く」感の日々。

 

で・・・たまたま「やりきる」「やり抜く」の

記事にアンテナが反応してしまい・・・

 

 

まずは、「坂上忍」氏のコメント

 

僕はクズなので、前提として自分のダメな部分を表に出しています。

ダメなところもあるし、エロいところもあるということを隠さず、

そのうえで言うべきことは言う、やるべきだと思ったことはやる。

 

これで潰されたら、腹上死的な快感というかね。

ただし、どの仕事でもその役割を与えていただいたからには、

完遂しなきゃいけない。

 

視聴率は貪欲に取りにいくし、20回放送なら20回は必ずやり遂げます。

 

「やり切り感」ですね。大勢の人がかかわっているので、

ひとつの番組を作るうえで、「やり切る」というのはけっこう大変なことなんですよ。

 

だから、スタッフやほかの登場者を含めて、

いかにやり切る空気にもっていくかを意識しています・・・」

 

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・

 

 

個人的に年齢も近く、共通な「犬好き」

ということもあり、ファンでしたが、

このコメントで人としてますます一目置いてしまった・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更に・・・

 

 

「しょせんの商売」だからこそ、ハジける

ダメな部分がない人なんていない

 

 

とコメントでインタビューは締めくくり。

 

 

 

 

 

 

やり抜く力「GRIT」

 

あなたはこの「GRIT」という

単語、ご存知でしたでしょうか?

 

私も先日某記事で知りました。

 

 

ちなみに・・・

 

 

GRIT(グリット)は、いま米国で最も注目されている「成功のためのキーワード」です

 

Guts(度胸)

Resilience(復元力)

Initiative(自発性)

Tenacity(執念)

 

の4つの要素からなり、「やり抜く力」を意味します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スティーブ・ジョブズ、コリン・パウエル、マイケル・ジョーダン。

いずれもそれぞれの分野で活躍し、成功者の代名詞になっている人物ですが、

みんな普通の子どもであり、テストの成績も平均的で、突出した存在ではありませんでした。

 

 

では、彼らを偉大にしたのは何だったのか?

 

それは、生まれながらの才能ではなく、GRIT、つまり度胸や情熱、執念だったようです。。

 

 

成功への最重要ファクター「GRIT」の素晴らしいところは、

生まれつきのものではなく、学習によって獲得できることです。

 

しかも、年齢は関係ありません。

いつでも誰でも、GRITを身につけることができます。

 

 

 

 

 

「役割分担」「適材適所」

 

・役割を果たす

・任務を遂行する

 

与えられた、仕事=チャンスに

どれだけ誠心誠意取り組めるか。

 

 

「プロ」の仕事人になるための心得

 

「努力している人に運命は裏切らない」

 

 

「役割分担」猿とキジと犬がいなければ鬼退治はできない

 

経営の神様「松下幸之助」氏の言葉です。

 

 

 

「昔話で桃太郎というのがあるやろ。猿とキジと犬。みんな違うわね。

違うから、それぞれの役割が生まれ、違うから鬼退治ができたわけやね。

それと同じように、会社にもいろんな人がいないとあかんな。

まあ、個性を持ったというか、特徴を持ったというか、

そういう人の集まりにすることが大事といえるね」

 

 

全体として面白くない。

それに会社としても強くなれない。

 

と、経営の神様はお言葉を残しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に中国「アリババ」勤務知人の貴重な証言から

 

役割分担が明確。

権限移譲というか。

 

 

日本の場合、任せたと言いながらも一つ一つ決めるのに

全部許可をとらなければならなくて、結局何も任されていないということが。

 

中国企業は逆で、ざっくりとした指示がやってきて、

“そんなざっくりしたまま落としてくるの?”と、

最初は戸惑い。

 

 

“これで何をすればいいの?”と。

基本的に細かい指示はない。

 

 

任せてくれているのかもしれない。

取締役もよく「プロフェッショナルになれ」と言っている・・・

 

 

どうなる・・日本企業

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

 

読んで良かった・・と思っていただける

記事投稿を常に心掛けて参ります。

 

 

大雪の後は、腰にくる・・・

 

「よっこらしょ」

 

 

 

友だち追加

よろしければお友達になりませんか?

あなたの背中を押せれば・・と思っています。

ぜひ一緒に乗り切りましょう!

ささやかな特典もご用意しています。

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第二弾出版しました

 

「コミュニケーションスキル」が全てを変える
「アフターコロナ時代は自分の名前で生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からの世界的「新型コロナウイルス」パンデミックで、

より一層世の中「デジタル化」が加速し、合理性だけを突き詰めて

人間関係が希薄になるのです。

 

しかし、ビジネス社会は人間社会であってお互いの

「信頼」「信用」なくしては成り立ちません。

 

現実ビジネスは人間的に泥臭く、義理や人情抜きでは通用・・・

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第一弾出版 

 

あなたの最高を引き出す方法・それは「言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま出逢った「一つの言葉」が、絶望を希望に変えることがある。

 

私の幼少期極貧時代から始まった「人生どん底」「紆余曲折」「一勝九敗」

一度や二度ではない「もう人生ダメかも・・・」

 

ただ、そんな体験談を乗り越えてきた際に必ず「言葉」がありました。

このブログで記載してきた過去の「生きる勇気」をもらった言葉の

エピソードを、書籍で綴っています。

 

まずは「小さな成功体験」から

そして「人生何とかなる・・」

・・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク