スポンサーリンク

 

 

ライフシフト「人生100年時代」PARTⅡ配信です。先日2016年の日本人の平均寿命は女性87,14歳、男性80,98歳で、いずれも過去最高を更新した。と発表されました。今後まだまだ長寿化は続き、90歳まで生きる人はさらに増加していくはずでしょう!!!

 

 

ffffffプロダクトffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

以前にも、 

 

「ライフシフト」100年人生 仕事・生活これからの課題

 

 

こんなタイトルで、ブログ記事投稿をさせていただきました。

 

「ライフシフト」100年人生 仕事・生活これからの課題

 

あれから、ネットニュース、雑誌、新聞記事等で、

見ない日はないくらい・・・

 

(私がこのフレーズ脳内インプットされているので

勝手に見つけてしまっているのかもですが・・・)

 

 

今回は、補足の意味合いで・・・と諸々の

自分初め不安材料を報告検証していきます。

 

 

「謙虚な気持ちがないんですね」

 

これは、103歳の女性美術家・篠田桃紅さんの言葉です。

 

43歳のときに、1人でアメリカへ渡り

「水墨の抽象画」というジャンルを確立したり、

作品が大英博物館やメトロポリタン美術館に収蔵されたり。

 

最近では、本も出され50万部以上のベストセラーになっていたり。

 

もう少し詳しくいうと、作品を作り続けている理由は

 

「思い上がりだと思う。自分はもっといいものが書けると思っている。

だから、できたものが気に入らない」

 

「自分のことを買いかぶっている。だから、謙虚な気持ちがない」

 

というようなことを言っておられました。

 

要するに

 

「もっといいものができるはず。だから、次のものを作りたくなる。

この気持ちが103歳になっても、作品を続ける原動力になっている」

ということだと思います。

 

 

人生100年時代の新しい働き方 

生産性を高め、パフォーマンスを最大化する5つの力と14のスキル

 

 

 

 

一方・・・

 

約3年前の総務省の家計調査によると、

年金暮らしの高齢夫婦無職世帯の収支は平均で月6万1560円の不足となっている。

 

 

年間では約74万円の赤字。

この分は貯蓄で補填していることになる。

 

 

当時の週刊東洋経済の特集は『下流老人』でした。

貧困、病気、孤立・・・。

老後の「下流転落」の実態とそれにいかに備えるか。

 

 

たとえば、65歳でこの状態だとすると、

90歳までの25年間で約1850万円の不足を

貯蓄から取り崩して生活しなければねらない。

 

 

特に、40~50代の景気消費が美徳とされてきた、

「バブル世代の老後資金に3500万円は必要」との試算もある。

 

 

※2014年度の統計結果から試算なので、

今後約13年後はさらに深刻化することでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在サラリーマンの方が、

このまま65歳まで働いて退職金をもらったとしても、

年金はそんなにあてにできません・・・・。

 

じゃあどうやって食っていけばいいのか?

 

 

サラリーマン時代仕事に明け暮れ、

家族を犠牲にし、趣味も、仲間もなく

定年したら途端に気力がなくなり・・・

 

という話も身近でもよく耳にします。

 

引退後を、公園や図書館、テレビの前でひとりで過ごすには、人生はあまりに長い。

 

 

 

不安なのは年金と、地震だけですか・・・?

 

 

上記コメント、

以前「社会派ブロガー・ちきりん」

さんが言っていた言葉が脳裏に焼き付き・・・

 

 

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

 

 

 

 

ふたつの人生設計法

 

サラリーマン総副業時代。

 

将来の自分の身は自分で守るため、体が動く限り

出来る可能なキャッシュポイントを、

早い段階で取得しておくことをお勧めします。

 

 

もう、現実年金支給75歳からとか・・・?

一部の方は言われています。

 

もしかすると、財源無し・・?とも・・怖い怖い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分」の枠にとらわれない生き方

 

「小林慎和さん」という連続起業家をご存知でしょうか?

 

今後の不安定な将来のために・・と思って行動しているのでは

ないのでしょうが、ちょっと今回紹介をさせてもらいたいので・・・

 

 

下記、プロフィール

 

野村総合研究所で経営コンサルタントとして活躍した後、

グリーに転職し、シンガポール現地法人の立ち上げに従事。

 

グリーを退職し、そのまま現地で約5社を起業。

モバイル、飲食、教育、医療サービスなど日系企業の

アジア進出支援から、Eコマースサイトの運営まで、

多岐に渡るビジネスの「ゼロイチ」を経験。

 

 

※ブログアフィリエイトをやられている方は、

 「ゼロイチ」という言葉に敏感では・・・

 

 

現在はブロックチェーン技術を活用した

デジタル通貨を開発する事業「c0ban(コバン)」に挑んでいます。

 

この事業は、国内のクラウドファンディングの

取り組みとしては史上最高(2016年9月末時点)の

「1億700万円」超の資金を調達したことで、話題となりました

 

 

下記「小林」氏コメント引用

 

「気づいた人の責任」という言葉を大切にしています。

若い人に「自分の世界を広げるためには何をしたらいいか」

とよく聞かれるのですが、そのときは

「映画を1000本、本を1000冊、バックパックで10カ国以上旅をしろ」

と言っています。「それでも見つからなかったら、また声をかけてくれ」と。

 

更に、

「怖いと思ったらやる、迷ったらやる、失敗しても、気にせずまたやる」

 

 

こんな言葉記事で拝見し、早速メモった私がいます(笑)

 

 

ここまで、強く、行動力が備わっていれば不安定な将来何て・・・

と勝手に思っている自分がいて記事として紹介しました。

 

少しでも読者様の「行動」のきっかけになれば・・・

 

 

海外に飛び出す前に知っておきたかったこと

 

 

 

「今、未来をやり直す」

 

「10年後にはきっと、“せめて10年でいいからもどって

やり直したい”と思っているのだろう。

今やり直せよ。未来を。

10年後か、20年後か、50年後から戻ってきたんだよ今。」

 

※どなたかの言葉ですが、忘れてしまい・・・

 

 

この度も当ブログ最後までご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

根気、やる気、元気?、更年期

 

 

少しでも読んで良かった・・と思ってもらえる

「情報配信」を心掛けて参ります。

 

ただ、不定期配信お許しください。

 

 

 

友だち追加

よろしければお友達になりませんか?

あなたの背中を押せれば・・と思っています。

ぜひ一緒に乗り切りましょう!

ささやかな特典もご用意しています。

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第二弾出版しました

 

「コミュニケーションスキル」が全てを変える
「アフターコロナ時代は自分の名前で生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からの世界的「新型コロナウイルス」パンデミックで、

より一層世の中「デジタル化」が加速し、合理性だけを突き詰めて

人間関係が希薄になるのです。

 

しかし、ビジネス社会は人間社会であってお互いの

「信頼」「信用」なくしては成り立ちません。

 

現実ビジネスは人間的に泥臭く、義理や人情抜きでは通用・・・

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第一弾出版 

 

あなたの最高を引き出す方法・それは「言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま出逢った「一つの言葉」が、絶望を希望に変えることがある。

 

私の幼少期極貧時代から始まった「人生どん底」「紆余曲折」「一勝九敗」

一度や二度ではない「もう人生ダメかも・・・」

 

ただ、そんな体験談を乗り越えてきた際に必ず「言葉」がありました。

このブログで記載してきた過去の「生きる勇気」をもらった言葉の

エピソードを、書籍で綴っています。

 

まずは「小さな成功体験」から

そして「人生何とかなる・・」

・・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク