スポンサーリンク

 

アメリカに住む億万長者の10人に1人はインド人。前回のブログ投稿で記事にした、米国人ビジネスパートナーからの情報。しかもアメリカの科学者の12%、医師の38%、NASAの36%がインド人だとか・・・恐るべし・・そこで米国人から学んだ情報シェアします。

 

ffffffプロダクトffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!

 

先日のブログ投稿記事にした、

「Are you ready?」が口癖のアメリカ人から

聞いた情報がちょっと心に刺さり・・・

 

      こちら☟

Are you ready? I’m ready「準備はいい?」

 

 

ちなみに補足ですが、

最近このビジネスパートナー米国人(年下ですが)

 

アメリカは失敗した(チャレンジした)人を褒めたたえる。

でも日本は・・・

 

いいじゃないか!失敗したって・・がもう一つの口癖。

 

 

 

たまに、心の中で「あなたに付いていきます・・」

叫んでいる自分がいます(笑)

 

 

 

 

印僑とは・・・

 

「印僑」について説明します。

中国以外に住んでいる中国人のことを「華僑」というように、

インド以外に住んでいるインド人のことを「印僑」と呼びます。

 

この「印僑」ですが、全世界には2,500万人が住んでおり、

特に250万人が住むアメリカでは、

人口の0.5%という少数民族なのに・・・

 

な・・な・・なんと

 

 

・印僑の「9人に1人」が年収1億円以上
・億万長者の10%を印僑が占める

 

という恐るべき現象が起きています。

 

 

そこで、ビジネスパートナー米国人に

勧められた書籍が

 

 

インド人大富豪 成功の錬金術

 

 

ここで出てくる気になるワードが

「ジュガール」 です。

 

 

「ジュガール」 とは・・・??

 

世界各地で大成功を収めている印僑大富豪および印僑ビジネスマンの

実に83%もの人が成功したのは「ジュガール」のお陰 だと述べているのです。

 

日本には残念ながら「ジュガール」という概念がないです

 

この「ジュガール」を引き下げて印僑がアメリカに上陸して、

いまではアメリカの科学者の12%、医師の38%、NASAの36%がインド人です。

 

 

さらにビジネスでは、マイクロソフトの従業員の34%、

IBMの28%、インテルの17%がインド人が占めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営陣でもサン・マイクロシステムズやマッキンゼー、

マスターカード、ペプシ、モトローラ、アドビシステムズ、シティグループ、

などの世界的な有名企業のトップがインド人であるとか・・・

 

 

「ジュガール」とは、こちらが分かりやすいです。

解決法は「ジュガール」!?口ベタの日本人は今すぐインド人に学べ!

 

 

ビジネスパートナー米国人が言っています。

 

 

インド人が元々頭がいいから、学歴があるからこのような

結果を残せているのではなく「ジュガール」があるから。

実際に高校中退で財閥を築き上げた人も何人もいる。

 

 

 

ちなみに、この書籍の見出しから

 

プロローグ インド人大富豪が世界で成功する理由

第1講 「ない」から生まれるソリューション
第2講 スピードがすべてを決する
第3講 小さな枠から抜け出そう
第4講 自分の中の神を起こそう
第5講 もっと自分を売り込もう
第6講 行動しなけりゃ始まらない
第7講 何より愛する家族のために

エピローグ 日本がジュガールに目覚めれば、天下無敵!

 

 

やはりそこには原理原則な「成功哲学」が、

あるように思います。

 

ビジネスパートナー米国人も言っている、

当時インドの生まれもった決して裕福ではない環境で、

培われた生きていく術。

 

私の幼少期も決して裕福とは言い難い環境でしたが、

そんな比ではない生きていくのが精一杯な状況で、

生きる稼ぐ術を、勤勉さもあいまって発揮しているのです。

 

 

 

 

行動は、言葉よりも雄弁に語る

 

私の好きな言葉です・・・

 

 

あの「スティーブ・ジョブズ」氏は

 

点と点のつながりは予測できない。

あとで振り返って、点のつながりに気づく・・・と

 

 

補足でジョブスはこんな風に表現しています。

 

「今やっている行動がどこかに繋がると信じてください」

「どこかにつながると信じていれば、他の人と違う行動をしても、

自信を持って歩き通せる」と。

 

 

お決まりの   「くう~~」

 

 

この書籍の

「ない」から生まれるソリューション

 

座右の銘にしようかと・・・

 

「金ない」「コネない」「身長もない」

 

 

 

頭で考える前にやってみた人がうまくいく

 

 

 

 

最後に・・

 

なぜ今回感銘を受けブログ記事投稿したか。

 

 

第7講 何より愛する家族のために

 

 

「グサッ」

 

 

 

大富豪的な事柄でよく耳にする、

家族の事も自由も顧みず・・

 

確かにお金は無いよりはですが、

一度の人生「金」「金」「金」も・・・と思いませんか。

 

 

私は特に「自由」優先主義なので、

少し成功して、「フリーライフスタイル」が、

人生ビジョンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

 

引き続き、読んで良かった・・と思っていただける

記事投稿を心掛けて参ります。

 

 

相変わらずご支援有難う御座います!

 

よっこらしょ・・・

 

 

 

友だち追加

よろしければお友達になりませんか?

あなたの背中を押せれば・・と思っています。

ぜひ一緒に乗り切りましょう!

ささやかな特典もご用意しています。

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第二弾出版しました

 

「コミュニケーションスキル」が全てを変える
「アフターコロナ時代は自分の名前で生きていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年からの世界的「新型コロナウイルス」パンデミックで、

より一層世の中「デジタル化」が加速し、合理性だけを突き詰めて

人間関係が希薄になるのです。

 

しかし、ビジネス社会は人間社会であってお互いの

「信頼」「信用」なくしては成り立ちません。

 

現実ビジネスは人間的に泥臭く、義理や人情抜きでは通用・・・

 

※アマゾン・キンドル電子書籍第一弾出版 

 

あなたの最高を引き出す方法・それは「言葉」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たまたま出逢った「一つの言葉」が、絶望を希望に変えることがある。

 

私の幼少期極貧時代から始まった「人生どん底」「紆余曲折」「一勝九敗」

一度や二度ではない「もう人生ダメかも・・・」

 

ただ、そんな体験談を乗り越えてきた際に必ず「言葉」がありました。

このブログで記載してきた過去の「生きる勇気」をもらった言葉の

エピソードを、書籍で綴っています。

 

まずは「小さな成功体験」から

そして「人生何とかなる・・」

・・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク