スポンサーリンク

月日は早いもので、これから日本はどうなるのか・・?と誰しも思った東日本大震災から早6年。私含め皆様も少なからずあの日・・・から自身今後の人生を考えるきっかけになったのでは3月11日。この同年性の当時の行動が、生き様がやはり風化してはいけないと思い記事にします。

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います。

今回は、愛犬コーギーコロの助シリーズ無しでの投稿です。

何故かは記事を読んでいただければ・・・

 

平成23年3月10日夜9時

当時仙台の私のクライアント担当者様からの携帯電話から

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

担当者様「明日の夕方からの商談は急遽延期でお願いします。」

私「いやいや、何時までも現地で待ちます・・・」

 

という会話から始まった3月10日夜の携帯電話の一部始終。

担当者様 「逆に待っていられると思うと気が気じゃなく、急な用事に・・・」

私「そうですか・・・分かりました。では後日改めて・・」

 

欲日、3月11日午後2時46分 東日本大震災発生

関東地方以北にお住いの方ならあの 揺れ は今でも記憶にあるはずでは・・・

 

道路がくねくね、電信柱ゆらゆら、停車の車が前後ろ

かつて経験した事の無い状況、現実。

更に数時間後のマスメディアでの 津波 映像でこの世・・・

と思ったのは私だけではないはず。

 

クライアント担当者様とは約10日間連絡取れず・・・

今自分に何が出来るのかを自問自答の日々。

 

たまたまTVで見たこの同年代の男の行動

自身「俺何じっとしてんの?」 体が震え

 

下記、当時の エガちゃん の記事コメント引用

 

「お金ないからさ・・・体で払ってきただけ」

当時、原発問題で孤立化していた福島県いわき市に、支援物資を極秘で

届けていた「エガちゃん」の行動がツイッターで話題になり、

多くのメディアに報じられた時のコメント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「言っておくけど、オレはこの話をするつもりはなかったんだよ。

でも、新聞とかツイッターでいろいろ騒がれてるから、もうその真相を話すから」と、

支援活動の裏側を話すのは本意ではないと前置きした上で、今回の顛末を語り始めた。

 

物資を届けようと思い立ったきっかけはNHKで、

「いわき市が原発の問題で救援物資が届かない。しかも老人たちが孤立している」

との話を聞いたこと。その瞬間「『エガちゃ〜ん…エガちゃん助けて〜』

『エガちゃんしかいないよ〜』『エガちゃんの登場だ〜』」と、

いわき市から声が聞こえ、高田文夫事務所所属の松田健次と共に同市へ向かおうと決めたそうだ。

 

しかし、最初に立ちはだかったのはトラックの手配だった。

レンタカーはガソリンがないため借りられず、友だちに相談。

すると運送会社の人を紹介してもらうことができ、

「救援物資を運ぶのにトラックを貸してもらえませんか」と直談判したところ、

「わかりました。じゃあ好きなトラック乗って行ってください」と快諾を受け、

2トントラックを無事に借りられたという。

 

次は資金だが、2トントラックを借りた以上、物資を満載して届けたいとの思いから、

「風俗に行くためのプール金、アコムから借りて来たんだよ」

と借金したことを告白。

 

続けて物資の調達はいろいろなところに相談をしたものの、

どこも「一つ二つくらいしか譲ってくれないって言うんだよ。もうカチンだろ」

と難航してしまった。

 

ところが、マネージャーからの提案で会員制の倉庫型店「コストコ」の

「一番上の人に電話をした」ところ、「明日、あるだけの物資、持って行ってください」

との返事をもらい、結果、水やおむつ、ペーパータオルなどの物資を

「2トン車いっぱいに買える分だけ」購入し、いわき市へと出発した。

 

当時訪れた老人ホームの看護師さんのコメントに対し・・・

 

江頭は「感動しました」と言われることに対し、

「いや、違うんだよ。ほかの芸能人はお金をもの凄い金額で募金してるじゃない。

オレはお金ないからさ。体で払ってきただけなんだよ」と謙虚な姿勢を崩さず、

「オレはちょっとの人間を喜ばせて、ちょっとの物資だよ。

ながーく何日も何日もボランティアやってる奴に比べたら、

全然大したことじゃないんだよね。いや正直な話言うと。ほんとなんだよ」と語っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

江頭2:50分 同年性の当時のコメントに思う生き様

「俺が言いたいのは、いわき市は放射線量健康に影響ないくらいじゃない。

だけど生殺し状態ですよ。悔しいよねぇ!国がちゃんといわねーから!

俺なんか常磐ハワイアンセンター、フラガール大好きだから!

閉まってんのに怒りを感じんだよ!!開いた瞬間一番風呂入りに行くからな!!」

 

「店全部閉まってたけど、一軒だけ赤ちょうちん開いてんだよ!

トラック返さなくてよかったら行きたかった~!いわき市の人間と飲みたかった~!」

このコメントをマスメディアで見たときに、号泣しました・・・

 

不甲斐ない自分がそこにいて。

エガちゃんは他人に対しこれだけの思いがあるのに、

自分は絆が出来ているクライアントがいるのに

何も行動に移せなかった当時。

 

更に、こんなエピソードも・・・

 

みんなゲラゲラ笑って、そして泣いてんのよ。

俺こういうの苦手だから『バイトの時間だ』っつて帰ってきたのよ」

そう語るエガちゃん。

残った救援物資は、避難所のひとつであるいわき競輪所に

物資を集めるところがあったのでそこに渡してきたとのこと。

 

ぜひ、風化させずに・・・

少なからず、私は人生観変わりました。

 

「今日が人生最後だと思って生きる・・」

「日々、後悔のない航海」

 

同年性 「エガちゃん」 気づき有難う!!

 

この度も当ブログ最後までご覧いただき誠に有難う御座います。

あなたのお役に立てる情報配信&価値提供を心掛けてまいります。

 

スポンサーリンク