スポンサーリンク

 

あなたはご存知ですか?「ヒュッゲ」。欧米で大ブームになりつつある、デンマーク独自の「心地よさ」のライフスタイルを表す概念。世界幸福度ランキングでも常に上位にいるデンマークならではの生活思考。ぜひご提案したいと思い・・・

 

ffffffプロダクトffffff

 

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

先日ちょっと時間があったので、溜めに溜めていた

録画済みTV番組を一気に視聴。

 

そのなかで「未来世紀ジパング」という番組で、

北欧デンマーク「ヒュッゲ」というライフスタイルを

特集していました。

 

 

人とのつながりを通してあたたかさや癒やし、

幸福感を得ること、あるいは一瞬一瞬を大切にしながら、

好きなことに囲まれて過ごすこと、を意味しているようです。

 

 

冒頭でも記載しましたが、デンマークといえば、

世界幸福度ランキング常に上位。

 

ちなみに、国連が行った幸福度調査でも、

北欧5カ国はすべてトップ10入り(日本は53位)。

 

とりわけ、1位が多いデンマークでは、

「人生がつらい」と感じている人はわずか1%だとか・・・

 

幸福度の高さが際立つ。

 

2016年の日本の年間平均労働時間は1,713時間。

デンマークは1,410時間です。

 

なんと、300時間も違いが。

 

 

 

 

世界一幸福な国「デンマーク」ストレスフリーライフ

 

デンマークが世界一幸福な国と言われる所以

 

・労働時間週37時間までという協約。

 そして年間「6週間」の有給休暇を取るという制度。

 

・税金が高いが保証が充実

 消費税率は25%で、世界3位の高さ。

 所得税は40〜60%だそう。

 

・返金不要の奨学金制度も充実していて、

 教育費は大学まで無料という手厚さ。

 

・国民の医療負担がほとんどなし。

 世界最高水準といわれる医療技術が、

 すべて無料で受けられます。

 それに出産費用も無料

 

・20〜60代の女性の社会進出率が70%以上。

 

・極めつけは介護も死ぬまで無料です。

 福祉施設の利用や、在宅介護なども無料で

 市の役所からスタッフがきてやってくれるそう。

 

ちなみに、国民から税金を大量に徴収し、

分け隔てなく分配するので、

「貧困率の少なさ」も、世界一です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 「そうだ!デンマークいこう」

  「ルネッサンス!!!」

 

 

そんな「世界一幸福な国」デンマークで、

推奨している独自概念が「ヒュッゲ」です。

 

仕事を効率よく済ませ、家族との時間を楽しむ。

自分が心地よいと感じるものに囲まれ、ささやかな幸せを感じながら過ごす。

これが、デンマーク流「ヒュッゲ」な暮らし。

 

 

「あたたかな雰囲気」や「仲間とのきずな」、「思いやり」

といったニュアンスを伝える、北欧ならではのことば。

 

こうした家でゆっくり静かに過ごす時間。それもヒュッゲです。

 

心地よいと感じるもの全てがヒュッゲ。

友人との食事での会話から、お酒を飲むこともヒュッゲ。

手編みの靴下やセーターに身をつつむこともヒュッゲです。

 

 

 

 

 

また、デンマークには「ヤンテの掟」という概念があって、

フェラーリを乗り回していたり、アルマーニを着ていたりすると、

「自分にはこんな資格があるのか?思い上がるなよ」

という自制の念のようなものが出てくるとか・・・

 

 

いわゆるモチベーションとは、家族と過ごしたり、

すてきなバケーションを過ごしたり、

新しいことを学んだりするなど、ヒュッゲ的な時間を持つこと。

 

彼らが欲しいのはメルセデス・ベンツではなくて、

新しい学びや旅行、サマーハウスみたいです。

 

 

毎日を慌ただしく過ごすあなたこそ、

この「ヒュッゲ」を暮らしに取り入れてみては・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スローライフスタイル」ご提案

 

過去ある時期体が、悲鳴?をあげ、

このまま死ぬのか・・・?という

大袈裟ではなく眠れない日が(飲んで寝れたか)

続きました。

 

全身がしびれ、運転も歩行もままならない・・

 

検査検査の連続でしたが、最終的に、

「原因不明」

 

地元の大学病院でも、薬は出ないし、

直す直る手段が分からない・・・と

 

きっかけでした。

 

やっぱり一度だ!

 

人並に、人並以上に紆余曲折あった時期があり、

日々ミリ単位で「ストレス」という神経を痛めつける

病原菌?に侵されていた。

 

 

「このまま死んだら俺の人生は何だったのだろう?」

 

 

ただそれだけ頭に浮かんだコメント・・

今思えばそのことがきっかけと言えます。

 

高齢独立、起業、自遊人、そして憧れだった

「フリーライフスタイル」

 

 

病気と年齢がきっかけで、自分の根本的な考え方が変わり、

自身生き方考え方が変わりました。

 

 

下記過去記事ご参考までに

 

放浪癖「さすらい」スローライフスタイルな生き方「くうねるあそぶ」

 

 

ちなみに今回の記事主役の「デンマーク」

 

風は強いし、体感温度がそれ以上に低く、とんでもなく寒く感じる場所。

だから冬になると、家の中にこもって暖炉の火に当たり、

美味しい食べ物と飲み物を食べ、キャンドルの光に癒やされながら過ごすのです。

 

我がジャパン気候もいいね👍

 

 

余談ですが・・・

スターバックスでパソコンを机の上に置いたまま

トイレに行けるのは日本くらいだとか・・・

 

我がジャパン治安もいいね👍

 

 

じゃあ結論

やらないてはない

 

 

 

 

人間は、四十日食べなくても生きられると言われています。

また、水がなくても四日間、

空気がなくても四分間は生きられるようです。

 

しかし、“希望”がなければ、

四秒と生きることはできないと

言われているのが人間です。

 

 

「出来る理由を考える」

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

先日の階段転倒から本調子ではないですが・・

 

「よっこらしょ!!」

 

 

常に読んで良かった・・と思っていただける記事投稿

心掛けて参ります。

 

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

その他・全般ランキング

親父・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

スポンサーリンク