スポンサーリンク

私は若かりし頃、友人知人に「変わっているね」と言われることが(決して変人とは言われていません)多々あり、純粋なハートを持ち合わせていた少年時代「自分の欠点だ~~」と悩み続けた時期がありました。でもそれは当時の教師から「お前の個性だ」と言われ・・・・

 

fffffプロダクトfffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

やはりこの時期は当たり前ですが寒いですね・・・

 

寒くて指も動かない(THE・言い訳)

めっきり「喰う・寝る・遊ぶ」に徹してしまい、

またまたブログ投稿が・・・

 

さておき、以前にも記事記載しましたが、

あの明石家さんま氏の名言「個性が死んじゃう~~」

関連記事第二弾投稿です。

 

 

 

 

 

 

 

 

「欠点」が他人に勇気を

私の中で、数人の人生の師匠のひとり、

ベストセラー作家&講演家「ひすいこたろう」氏の

過去のエピソードコメントを紹介します。

 

今では、講演・セミナー等で国内あちこち飛び回っている

「ひすいこたろう」氏ですが、まだ駆け出しの頃は極度の赤面症で、

人と話す時の1時間のうち、約40分は後ろ向きで話していたとか(実話です)

 

 

40分後ようやく面と向かって話ができるような過度な赤面症。

今まで何十年も生きてきても「自分はネクラ」のレッテルが

ぬぐえなかったそうです。

 

ただ後々「自分の欠点が人に勇気を与えられる宝物だった」と気付くのです。

 

「何十年もの間、明るくなりたい明るくなりたい・・と

思い続けた結果、人の心が明るくなる本が書けました」

by 「ひすいこたろう」氏

 

「弱さ」を見せられる「強さ」「弱さ・失敗」を飛躍のチャンスに変える

 

人の心を明るくできる本が書けたのは、

極度のネクラで生まれた性格の結果と思えるように。

 

「欠点」をさらけ出したもの勝ち

「欠点」はさらけ出したもの勝ちです。

例えば飲み会の席では、場が盛り上がるし

発信でいえば、「ネタ」になります。

 

 

 

 

 

 

 

「欠点」がこんな大惨事になった・・みたいなこともおおいにさらけ出し、

仮に「変な人」と思われたとしても「そうです変な人です!」で

いいじゃないですか・・・・

 

そのほうが、「楽な生き方」が待っています。

 

“人は「長所」で尊敬され「短所」で愛される”

 

 

ちなみに、作家さんが歴史小説を描く際に、

歴史上の人物を魅力的に描くには、必ず欠点が必要なのだとか

 

あなたは何故だと思いますか?

 

チッチッチッチ

チッチッチッチ

 

 

それは、読者に覚えてもらう思い出してもらうには、

良い点ばかりでは記憶に残らない・・ということからきているようで

 

キャラクターには「右手」に武器 「左手」に欠点を持たせる

 

「欠点」がいつしか「あいつらしい」に

 

 

 

 

 

 

私の経験談ですが「欠点」をさらけ出していると、

いつの日か「あいつらしいな・・・」で済ましてくれるものです。

 

認められることとお同じくらい嬉しいことが、

「らしい」と思われることです。

 

あなたにも体験・経験があると思います。

その人のことが、その人の欠点が「愛らしく」なってしまったってことが

 

「この人に任せておくと不安」と思ってしまい

いつのまにか手伝っている自分がいる。

 

そう自分が出来ることでカバーしよう

そのことで逆に「自分の欠点」をカバーして

もらうようになった事例があります。

 

これで、当時のプロジェクトは大成功

相手と自分を繋ぎとめる「架け橋」になった経験

「自分にはなにもない」なんてことはない「どうせ自分には価値が・」

 

 

不思議なことに、過去今まで私が出逢ってきた方々、

昔人前で緊張して話せないとか、究極の赤面症あがり症とか、

話すことが苦手だったと仰っていた方が「話し方の講師」になったり

 

甘いものが大好きで辞められない・・と言っていた人が

「ダイエットトレーナー」になっていたり

 

口下手で営業が大の苦手で、アポすらとれなかった

後輩が、車のトップセールスになったり

 

何でしょうか、本人曰く「欠点」を利用した・・

とでも言うのですかね

 

 

 

 

 

 

 

 

「欠点」と「利点」表裏一体

私のブログ記事によく登場する、

「メンタリスト ダイゴ」氏は、自分の欠点と思っていることの

「裏を返すこと」を自覚するべきだ・・と言っています。

 

自分で「欠点」いわゆる「短所」だと思っていることの

裏返しは「長所」です。どんな強みを持っているか

短所と、長所は「表裏一体」

naco-do

 

例えば「怒りっぽい」欠点の反対  

人に怒りをだす=勇気を出しやすい人

他人を怒るという行為は、とても勇気のいることです。

 

そして、「怖がりな人」は準備をおこたわらないタイプ

「落ち込みやすい人」の反対 注意力が高い人

「時間を守れない人」は、他人の時間のルーズさにも比較的寛容

 

 

私の知人のお子さんで、人から言われる単純作業が出来なくて、

コンビニアルバイトを数日でクビになった子がいます。 

 

しかし自分で考え行動するという発想力が豊かで、

アイデアマンとして成功し、某県内大手の企画会社で

クリエイターとして多額の給料をもらうまでに

 

 

短所と長所は表裏の関係にある為、

「あきらめの早い」ということは

「気分転換が早い」ということでもある。

気分転換が早ければ、失敗が尾を引かず、一つの事に固執しないで

柔軟な発想や対応をする事ができるわけだ。

 

「自分の欠点」には宝がある

ひすい氏の言葉をちょいとアレンジして・・

 

 

 

 

 

自分の欠点を直視することが、出来ない人が圧倒的に多い。

しかし、それが出来る人こそ本当の強い人なのでは

 

何しろ、それを直視して認めた後に『それに振り回されない』

という自信になるから

 

自分らしく生きる初めの一歩。

ありのままの自分を受け入れることです。

 

「人生のどん底にも宝がある」

 

fffffプロダクトfffff

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います

 

先日また東北震源地の地震がありました。

私の居住地群馬県も長く揺れました。

 

時間帯で、かなり飲んでいて半分寝ていたせいか、

夢??みたいに思いましたが、またあの

大惨事にならないことを祈っています。

 

当時のクライアントのご家族等、数名悲惨な

体験になったあのことは風化させては駄目ですね

改めて

 

・・・・・

・・・・・

 

 

私事ですが、「Brain・ブレイン」という「知識共有プラットフォーム」に、

「時間とお金の自由を手に入れる」ための情報コンテンツ

「自己ブランディング」シリーズを随時投稿しています。

 

下記、よろしければご覧ください。

 

「自己ブランディング」力・第一弾

「時間とお金の自由を手に入れる」

「あがり症・プレゼン力克服」の極意   

       ↓  

https://brain-market.com/u/fuku28285656/a/bkzN5YjMgoTZsNWa0JXY

 

 

「自己ブランディング」力・第二弾

「時間とお金の自由を手に入れる」

「コミュニケーションスキルアップ」を習得する術  

        ↓     

https://brain-market.com/u/fuku28285656/a/bkjNygDNgoTZsNWa0JXY

 

・・・・・

・・・・・

 

私が、今まで生きてきた「経験・気づき・教訓」等を、

 

自分なりの言葉に置き換え、人生テーマである心から「自由」になる思考を、

 

そして「勇気ある行動」のお手伝いが出来ればと思い。

     

 

「自由」になれば、お金は後からついてくる!!

 

「無料レポートへ」こちらからどうぞ

 

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

自由人ランキング

自己啓発ランキング

スローライフランキング

スポンサーリンク