スポンサーリンク

 

日本代表サッカーワールドカップもベスト16で幕切れに伴い、数名の方が代表辞退「辞める」選択をされました。アスリートの世界では年齢の壁がありますから、皆の決断は「半端ない」と察します。人生長く生きているとそこそこ「決断」を迫られます。そんな時「勇気」が欲しい~~

 

ffffffプロダクトffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

改めて「サッカーワールドカップ」日本代表に、

勇気をもらった1人なのですが、特に・・

代表キャプテン「長谷部誠」に惚れた(笑)

 

彼の次回W杯代表辞退に伴い、

次期主将候補のDF吉田麻也(サウサンプトン)は、

「実際に一緒にやると頑固で面倒くさかったが、素晴らしいキャプテンで、

多くのことを学んだ。どうあがいても長谷部誠にはなれない」と言葉を詰まらせた。

 

この記事読んで自分も言葉を詰まらせた・・・

 

また、続ける側代表の「三浦知良」氏は、

長谷部、香川、長友ら日本代表選手との食事会を、

海外組のオフを利用して不定期で開催している。

 

カズは謙遜して、「長谷部会」と呼んでいる。

 

こんな記事からも彼の人となりが伺える。

 

長谷部誠氏の「辞める勇気」

三浦知良氏の「続ける勇気」

 

いちサッカーファンとして、どちらの生き方も、

人生の「決断」を尊重したい!!

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

引き際の美学【電子書籍】[ 川北義則 ]
価格:540円 (2018/7/4時点)

 

 

後任者に任せたほうが、現場はスムーズに回る。

 

辞める勇気・続ける勇気

 

先日、社会人スタートした企業の元同僚と、

地元HCでばったり再会・・・

縁か分からないが、定期的によく逢う人物。

 

その元同僚が、逢う度に「あんな会社辞めてやる!!」

って、もう約30年言い続けている(;´д`)トホホ

 

「行動しろよ」って言い続けてきて、

もう馬鹿らしくなり・・

 

あなたの周りにもいませんか?こんなタイプ

何故そこまで発言に拘るのか?

 

続けるなら「この会社で生きがいを見つける」とか、

「この会社で骨をうずめる」とか、発言していれば

よいのに・・といつも疑問??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リスクを背負うことのできない人に、

望むものを手に入れることは出来ません・・

 

あなたには、無難な選択しかできないような、

つまらない人間にならないで欲しい。

 

自分の居場所は自分でつくる

 

・自分の力が出しきれる分野へいく

・自分都合で行動する

・決断は自分でする

 

自由とは=自分の人生に責任を持つという意味です

 

人生「自由人」になるための「プライド」を持つ3つの思考とは・・?

 

「辞めないで続ける決断」「そこに居続ける勇気」

 

これは、あなたしか分からない事。

 

途中でやめるべきか散々悩んだけど、自分は「まだやれる」と・・・

 

その「途中」とは?

夢の途中
勉強の途中
鍛えている途中
ダイエットしている途中

 

「途中」であれば納得するまで継続するべきです。

 

自分はここまで、こんなもんだからと、

自分安売りは、やめてください。

 

まだまだ「賞味期限」残っているし、
自分バーゲンセールは、人生に満足してからで充分。

 

 

 

 

歳を重ねてこそ物事を深く味わえる

 

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。

心機一転、やり直せばよいのである。

長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。

 

本田宗一郎氏

 

「一歩」が踏み出せない

 

「やりたいことがあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」

という人は、大勢います。

 

現職を辞めて、全力で向かい合わなければならないことだったら、

前向きなこと、後ろ向きなこと、辞める理由、辞めない理由を、

いろいろ考えてしまうでしょう。

 

 

これまでのキャリアとまったく異なる世界に飛び込むには、

肩書や快適な環境を捨てる覚悟が必要になります。

 

「自分らしさ」や「個性」の概念を壊すことです。

自ら壊すまでもなく、まずは徹底的に粉々に壊されるかもしれません。

 

 

そう「しがみつくもの」がなくなるってことです。

でも、そうして新しい世界の流儀に従うことが、

その世界で生きていく唯一の方法です。

 

ただ必死なだけです。

ある意味修業です。

 

新たなものを手に入れるために必要不可欠な過程 です。

 

 

 

 

 

 

決めるという決断に勇気がいる?

 

決めてしまえば、あとはそれに向かっていくだけです。

やめたいと思っていると言った時点で、気持ちはやめることに向かっている。

だけど、やめた後の不安や心配があるから今ある安定?を手放せない。

 

勇気がでないのは・・・

 

先のことを勝手に想像して不安に思っているだけです。

まだ起こってもいないことを気にしてもムダなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の仕事を「辞めたい」と思っているあなた。

 

「仕方ない」と言いそうになったときに心がけたいこと。

なぜ今の仕事に、そこまでこだわる必要があるのか。

 

家族が、ローンが、世間体が・・

 

アメリカでは4人に一人がフリーランス

そして転職当たり前国家。

 

スキルアップのために次々次らしいです。

 

で、我が国は、履歴書が汚れるから、転職が不利になるから等の理由からか、

体が壊れるまで・・という方がいかに多いことか。

 

おそらく企業面接官も、自分より数歳下か同世代だと思いますが、

「こんなに転職しているの?」なんて言ってくる

馬鹿面接官がいる企業には見切りをつけるべきです。

 

 

 

 

以上、今回は「辞める・続ける」勇気について。

 

覚悟して行動してください。

 

今回の記事では、中途半端な気持ちが一番最悪を

お伝えしたかった。

 

それは、未来の自分の後悔しない結果がまっているので・・

 

 

補足ですが、「いい人をやめる勇気」もお勧めです。

 

自分は「いい人」だからこうしなくちゃ・・は、

非常に疲れるし、「こんないいことをした」と

自分に酔うのもどうなのかと・・

 

「周囲」が期待する自分にならないこと

 

 

でも「神様は見ているので」、損得関係なく助けている、

損得関係なく与えている、損得関係なく行動している・・を

心掛けることがベストなのかも・・・・

 

 

「僕は頂上に着くとよく泣く。嬉しいからではない。

それだけ苦しかったから泣くことができる」

 

登山家 故栗城史多さん

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなのことを、こんなに好きになれると思わなかったくらい、好きになった」

18W杯終了後の本田圭佑氏コメント

有難う本田圭佑 あばよ!!

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!

 

あのとき「ああしていれば良かった」の決断だけは、

避けましょう!!

 

死ぬ時に「辞めて良かった、続けて良かった」

思えるよう、日々生きていきましょう!!

 

よっこらしょ!! って(笑)

 

 

このブログ続けて良かったと思えるよう、

ていうか「続けて良かった!!」

 

 

引き続き宜しくお願い致します。

 

 

どうぞよろしければ、この私に清き1票を・・・
人気ブログランキングへ

その他・全般ランキング

起業・独立ランキング

にほんブログ村

スポンサーリンク