スポンサーリンク

 

 

世界的グローバル企業「Google」の内部に非常に興味を持ってしまった当ブログ管理人が、会社とは・・の原点に共感し、そして社員第一の社風「ワークライフバランス」をモットーとしている企業風土にスポットを。以前にも優良企業として記事投稿した国内会社はやはり「Google」がお手本だとか・・・

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

この度も当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!!

 

THE「Google」

 

検証します・・・

 

fffffffffffプロダクトffffffffffffff

 

今や知らない人はいない世界トップクラスの企業。

米国本社の就職倍率は米ハーバード大学に入るよりも25倍、

日本からの採用も「ハイヤリング・バー(採用基準)はとてつもなく高い」とか・・・

 

 

ただし採用の暁には待遇は良く、日本法人では

「20代後半で年収1,000万円以上は軽くいく」

ということの様。    それはそうでしょ・・・(管理人独り言)

 

 

ちなみに、日本法人の年間売上高は約3,000億円、

従業員数は1,000人超と 支社?ではない規模の大企業。

 

 

 

 

 

 

 

 

  「社員食堂もちろん無料」

 

 

グーグル 社風 日本企業特有の文化

 

日本企業特有の文化「飲みニケーション」を重視。

いちばん大事なことが決まるのは、アフター6の

飲み会においてだったということです。

 

更に・・・

 

無料でランチを支給したり、福利厚生の制度を充実させていることを

聞いたことがある人は少なくないのは・・・

 

実際に、風通しのよい職場をつくるため、

優秀な人材を集めるためにこれらは必要なことだと。

古来の日本企業風土が影響されているとか・・・

 

 

 

 

グーグル 「TGIF」

「Thanks Google It’s Friday」

毎週金曜日の午後グーグル本社で行う全社的なミーティング。

 

社長や幹部がプレゼンをし、質問者はそれに対して直接質問ができますが、

その場にはお酒や食べ物もあって、参加者同士フランクに議題について

話し合うようです。

 

 

また、オフィスにはミーティング用の部屋に

必ず大きなスクリーンが設置してあります。

 

 

議事録をとるのも、資料を作成するのも、

誰かがひとりでパソコンに向かって書き込むのではなく、

クラウド上のグーグルドキュメントに全員が同時に書き込めば、

その場でほとんどできます。

 

 

グーグルの場合は、ファイルを添付してメールで送るという方法はとりません。

メールで「資料をアップしたので、必要があればいつまでに修正してください」と、

グーグルドキュメントのリンクを添えて関係者に流しておけば、

各々が各自で考えて修正を入れてくれます。

 

 

そして、締め切りがきたらそこで終了です。

この方法だと、すぐに完成させたい場合は、チャット機能や、

ビデオ会議のできるグーグルハングアウトなどでお互いに話しながら、

すぐその場で完成させてしまいます。

 

「東洋経済オンライン記事」引用  

 

 

 

グーグル 究極の社内ルールとは・・・

「就業時間の20%を使って、自由に自分のやりたい事をやっていい」

 

人は誰でも、信頼されている、尊重されているという実感があれば、

安心感や信頼感につながります。

 

そう信じられる人が自分の上司だったり、自分のチームにいたりすると、

気持ちが楽になって、今まで以上に成果を出せるものです。

 

それがいわゆる、個々のモチベーションアップに繋がり、

社内全体としての作業効率向上になるのはいうまでもありません。

 

 

そして・・・

 

女性支援

「ママの誕生日には検診をプレゼント」

「子どもが長期休暇中、両親はオンラインで仕事ができるように」

「最新プログラミングをマスターしてスキルと収入をアップ」

「子どもを預けず職場に連れて働くワークスタイルを」

 

 

 

この度も最後まで当ブログご覧いただき誠に有難う御座います!!!

 

応援していただき、大変感謝しております。

何かのお役に立てれば・・・邁進して参ります!!

 

「よっこらしょ・・・」

 

スポンサーリンク